スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『』バトンきました

maimさんから『』バトンもらいました。
指名されたお題は『本』。
とゆーわけで回答です。

1.本棚に入っている『本』

「ナイトワールド上」F・P・ウィルソン著
 マンハッタンに突然現われた巨大な穴。邪悪な存在が企む世界滅亡。穴から現われる謎の生物。
始末屋ジャックと聖なる使命を受けた男が立ち向かいます。
「マンハッタンの戦慄」「ザ・キープ」という別々の作品の主人公が登場していたので(どちらも読みました。面白かったです)衝動的に買ってしまったけど読みかけ。
「ナイトワールド」は多分、藤沢とおる(GTO)が「特公」の元ネタにしてると思います。
「マンハッタンの戦慄」は不思議な力を持つ宝石を取り戻すためにマンハッタンに現われたインドの謎の怪物に始末屋ジャックが立ち向かう話。
怪物のイメージは僕が描いている「ブラックドッグ」に登場する犬の怪物の元ネタです。
「ザ・キープ」はルーマニアの古城に駐留したドイツ軍が古代の悪魔に遭遇する話。何百年も行き続け悪魔と戦い続ける男とユダヤ人娘のロマンスがいいです。


「幽霊部隊」ウォルター・ウェイジャー著
細菌兵器を開発した中東某国に潜入し秘密基地を壊滅させる特殊部隊の話。
「マンハッタン殲滅計画」「ダイハード2」の原作者の作品だったの買いましたが前2作の方が面白かったです。
「ダイハード2」は映画と別物と思ったほうがいい作品です。吹雪の中、妨害電波を出すアンテナを破壊するために淡々と狙撃を続けるSWAT隊員が渋かった。
墜落する旅客機の日本人機長の名前がトコロ・ケンジというのに笑えました。作者はどこからこの名前を見つけてきたんでしょう?
「マンハッタン殲滅計画」マンハッタンの地下鉄に撒かれた神経ガス。その犯人を追う刑事の話。
日本の地下鉄サリン事件の起きるよりずっと前の作品で、旅客機を人質に取る「ダイハード2」にしても9・11事件を思わせる作品でした。
実際9・11事件後にFBIがウェイジャーを調査したとか、アドバイスを求めたとか…

「死霊たちの宴」ジョージ・A・ロメロの「リビング・オブ・デッド」へのオマージュ。いろんな作家が「リビング…」の世界観で寄稿したゾンビ小説の短編集。でも参加している作家の中ではスティーブ・キングしか名前は知りません。
「リビング・オブ・デッド」が色んな解釈で描かれているのが面白いです。スティーブ・キングがとても"スティーブ・キングらしかった"のが印象深いです。
日本でいうとガンダムの世界観でいろんな作品がでてるみたいなもんかなぁ


後は
「沈黙の戦艦」戦艦描写の資料として
「プレデター」この映画が好きだったので細かい設定を知りたかったら
「ヤングサンデー」グラビアに惹かれて……




2.今妄想している『本』

妄想…っすか? 自分の書く小説ですかねぇ
なんでもあり、の話を書きたいです。
映画にありそうなシュチエーションで。


3.最初に出会った『本』
あんまり覚えていないけれど。わずかな記憶を辿っていくと……西遊記かなぁ…
それとタイトルも作者も覚えていないけど犬が旅をする話。
お金を稼いだり強盗に銃で撃たれたりする話。子供向けの絵本だったと思うんだけど今、考えると変に現実的な冒険話。
犬なのに……



4.思い入れのある『本』
「戦慄のシャドーファイヤー」ディーン・クーンツ著
表紙の絵が「吸血鬼ハンターD」とか「フロントミッション」のイラストの人だったので手に取ったやつ。
これだ!と思った本。
長編なのに章が短く場面展開が早いので長編が苦手な僕でも、一気に読めてしまった。

ラブロマンスあり、サスペンスあり、秘密情報部の陰謀、遺伝子操作の怪物、エロチックと盛り込みが多才。
ヒーロー、ヒロインが心に傷を持っていて悪役は陰湿でとことん嫌な奴で、脇役に読んでいて好きになる"イイ奴"が多い。
事件を追う刑事コンビがなかなかよかったです(脇役ですが)。
この人はモダンホラーで有名なスティーブ・キングに比較される事が多いんですがスティーブ・キングが暗い結末が多いのに対してクーンツの作品のエンディングは感動的なものが多いです。
ぼくはそっちの方が好みです。
以後何作かクーンツの作品を読みましたがどれもパターンは似ているとは感じますが……けどアイデアが多才なのは尊敬!

映画化されている原作は多いんだけどがっかりなものが多いです。
唯一"クーンツらしい"と思ったのはベン・アフレック(アルマゲドン、ペイチェック)主演の「ファントム」でした。




5.バトンを回したい5人&指定単語

うーん、どうしよっかなぁ
月観母那珂さんに『ラルク・アンシェル』!(受験ご苦労様!)
高瀬涼さんに『本』!(降雪大丈夫ですかぁ?)
リコさんに『コミック』(レポートお疲れです)
スポンサーサイト

テーマ: バトン - ジャンル: 日記

いよいよフィギア | ホーム | スノーボードクロスに目がハート!

Comment

リコ #MaYyM8Uo

バトン受け取りました~
レポートもほとんど終わりましたので
執筆も進められそうです。

それでは~

2006/02/19 (Sun) | URL | 編集

高瀬涼 #tNwXzqtM

おもしろそうなバトンありがとうです。『』バトンなんて珍しいですね。本でよかったです。得意分野ですので。実は今日本の関してのプログ書いてしまってからのコメントですのでそっちにネタ使えばよかったなあと思いました。
それではまた後に回答編をアップさせますね~。

2006/02/20 (Mon) | URL | 編集

delta66 #vZbA1Su2

リコさん、バトン受け取りありがとです。
執筆も楽しみにしてますよーp(^-^)q

2006/02/21 (Tue) | URL | 編集

delta66 #vZbA1Su2

高瀬さん、バトン受け取りありがとうございます。
ほんとにバトンってどこで発生するんでしょうねー。

2006/02/21 (Tue) | URL | 編集

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。