スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳の容量はパソコン200万台分

……くらいらしいですね。
まだ、脳の全部分の解明はされてないらしいですが、次第に脳のどの部分が何をしているかは分かりつつあるそうです。
脳内のシステムの応用でコンピュータの性能を飛躍的にアップさせる研究もされてます。情報処理能力は人間の脳の方が実は高いらしいですね。
正確性が必要な仕事にはコンピュータが活用されているのに、この話はピンときませんが、たとえば、人間…とゆうか生物の好きとか嫌いという基準。
あれをコンピュータにやらせると可能性のある何百、何千のパターンを計算してから、ひとつの答えを選択するという作業になります。
「マトリックス・リローデッド」で仮想空間の設計者アーキテクトがネオとの会話で背景のテレビ画面に何百ものネオの答えを映し出していましたが、コンピュータが答えを出すときはは常にアレなんです。
対して人間の脳は、様々な条件を効率的にショートカットして”好き”か”嫌い”かまで結論を導き出せる。
これをコンピュータに応用できれば飛躍的に計算能力が上がるかもしれない……みたいなことを聞いたことがあります。



最近、思うところあっていろいろと生活変えました。
詳しく語ることでもないですが、大きな結論を出しました。
深く考える事もありましたが、自分の中にある背骨みたいなモノを信じてみようと思ってます。

120319_001048_convert_20120402000148.jpg
これ「モテキ」の作者、久保ミツロウ先生のマガジン連載初期作品です。
終盤のストーリーは少し、重苦しく、ぼやけてしまう感じになりますが、それでも好きですね。
主人公の福田新一(新宿で一番と書く)通称フクちゃんは、一見ヘタレの部類ですが、彼の考え方にブレはないんです。
傍から見たら不器用でも一生懸命な人。助けを求める人。心に傷を抱えてる人。
フクちゃんは、本気で応援します(まんま応援ですけど)。
周囲の人たちは、その滑稽な行動を馬鹿にしたりし、笑いながらも、フクちゃんの”応援したい”という嘘のない気持ちに本心では動かされるんです。
一見キレイごとにも見えるフクちゃんの行動だけでは作品のバランスが取れなかったのか、全否定するソウメイという悪キャラも登場します。
この彼にも歪んだ性格になるそれなりの理由があるのですが……(このソウメイというキャラも結構好きなんですけど)
ストーリー中、何度か出てくる「あわせカガミ」という言葉は、初めて読んだときより何故か、何年か後に心に来ましたね。
なんだか考えてみると、この「3.3.7ビョーシ!」の第一話が自分の中でベストであり、人生の背骨みたいです^^
(読んでいて泣いちゃいました)
ちょっと大げさかな? ははは
でも笑って泣けますよ。

いつかテレビドラマ化したらいいのにと思ってましたが、「モテキ」のヒットで、あながち夢物語でもない気がするんだですけど……。
応援してますよ!

スポンサーサイト

球状船首は日本が開発したらしい | ホーム | ZガンダムのZは2の書き間違え

Comment

高瀬涼 #tNwXzqtM

前から気になっていた漫画「3.3.7ビョーシ!!」deltaさんの日記を見て古本で1巻から3巻買ってみました。
フクちゃん真っ直ぐな青年ですね。応援されたい!
確かにこれはドラマ向きですね。今同じ作者が描いている「アゲイン」も面白そうですね。
あとウメさんは若いころの窪塚洋介に似ているなあと思いました。

ところで、deltaさんも書いている「あわせカガミ」の話を実は違う人のブログでも最近見かけまして、偶然じゃないような気がするので、心に留めておこうと思っています。
deltaさんも生活を一新させたということで何かに向かって頑張っているんですね、陰ながら応援しております。
では……推敲もせずに油売ってるんじゃないというツッコミはさておき、去らばです!

2012/04/19 (Thu) | URL | 編集

delta66 #9IDn/ivU

こんばんわ、高瀬さん
「3.3.7ビョーシ!!」読みましたか。
3巻というとハイドとヘジョンのエピソードまでですね。
僕は、あの巻の中では、マオさんの憧れの人の話が大好きです。
ウメさんが窪塚洋介似だったのは連載時にも言われてましたね。
「池袋ウエストゲートパーク」が放送していた時だったからかもしれませんね。
(Gボーイズのキング!)
他にも笑っていいとものあの人似だったり、格闘家のあの人似だったりするキャラも沢山、登場してますよね。
ちなみに久保ミツロウさんが女性だったのは、「モテキ」がヒットするまで知りませんでした。
(ずっと男性だと思ってたし!)

「あわせカガミ」は意味が深いですよ。
自分の姿を整えるものであり自分の姿でもあり……いろんな解釈ができますね。
アメリカ産の心理学の本に近い意味の言葉は見つけられませんが、いい言葉だと思います。
僕自身は「あわせカガミ」になる人は、ひとりではなくいろんな人になってもらえる、と考えてるんです。
高瀬さんも僕の「あわせカガミ」ですよ。
だから応援できるし。

推敲がんばってください。
応援してますよ!!



あ! 関係ないですが今は、「君にとどけ」におもいっきりハマってます

2012/04/24 (Tue) | URL | 編集

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。