スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネジを作ったのはケルト人

戦国時代に日本にあった火縄銃は50万丁。
当時世界一の保有量だそうです。
その日本で鉄砲を作る際に困ったのがネジだそうです。
物を繋ぎ合せる事についてはクサビを利用していたのでネジというものが理解できなかったのでした。
鉄砲の製造を委託された鍛冶屋さんがどうしたかというと自分の娘を異人へ嫁がせてネジの技術を得たんだとか。
その話を聞いて「じゃあ、ネジは誰が発明したか?」が知りたくなってネットで調べたのですが、結局たどり着けませんでした。
けれど、集めていたケルト神話関係の本の中でネジを考え出したのはケルト人であるとの記述を発見。
個人が発明したという物でもなく自然発生的に生まれた技術みたいです。

ドリフターズ(漂流者たち)2巻を購入しました(微妙に関係あるネタでスタートしましたが)
ドリフターズ 2巻 (ヤングキングコミックス)ドリフターズ 2巻 (ヤングキングコミックス)
(2011/10/13)
平野 耕太

商品詳細を見る

この世界観は好きです。
別世界に歴史上の人物が入り込む設定自体は既に海外の小説やDVD映画にもあるネタなのですが、平野耕太先生の描く世界には独特の魅力が加わってます。
異世界に送られた"漂流者"たちの思考や価値観が魅力的ですね。
ジャンル的にはファンタジーの部類にはいるのかもしれませんが容赦ない行動は、そこいらのファンタジーキャラとはす一線を画してます。強烈で魅力的です。かといって歴史物コミックの英雄とも違う感じ。
これが平野啓太作品の個性であり魅力なんでしょうね。
ギャグなのか手抜きなのかわかりませんが「ヘルシング」より"遊び"のコマが多いかも。
それがストーリーに適度な緩みを与えてるみたいです。
ジャンヌ・ダルクは好きなキャラですが、きっと悲惨な最期なんだろうな……(哀)

ちなみに信長のアイパッチの位置が途中から変わっちゃってます。

スポンサーサイト

初期の五右ェ門は斬鉄剣に意外と意外と冷たかった | ホーム | 英国特殊部隊SASはピンク仕様の車を持っている

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。