スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラ・コーラはもともと二日酔いの薬

ジョージア州の薬剤師さんが二日酔い用の薬として販売したのが最初なんですって。
それを飲み易いように甘くする為にシロップと水と混ぜるところをシロップとソーダ水を混ぜてしまったんだとか。そしてそれが思いのほか美味しかったのでコーラとして売り出したそうです。
まあ、コーラには他にもコカの葉、つまりコカイン。あとチリドッグ売りの少年が権利を買い取った飲み物に炭酸を混ぜてコーラが生まれたそか……いろいろ噂はあるんですけどね。一体、どれが事実なんでしょう?

そういえば、ジョージアって缶コーヒーはコカコーラですね。まあ、いいんですけど「(´・`)


「V」のDVD観ました。
じわじわ来る感は好きですね。
劇中で野次馬が「インディペンデンスデイ」はパクリ映画だみたいな事を言ってましたが、自分たちのドラマの方がアイデアが先であるという事をアピールしたかったんだと思います。
他にも「インデペンデンスデイ」にはその手に話があって、「Xファイル」映画版では酔っぱらったモルダーが「インディペンデンスデイ」の宣伝ポスターに立ちションしてました。
同時期公開で意識してたというのがあるのでしょうがプロデューサー曰く
「お返しさ。あっちの方が先にケンカを売ったんだよ」
何の事を言ってるかというと「インディペンデンスデイ」のワンシーンで混乱したテレビ局でテレビが映らないという苦情を電話で受けてる局の人のやりとりがあったのです。
「Xファイル? Xファイルは私も好きですけど……」
こんな感じでした。セリフから察するに放送中の「Xファイル」が途中で観れなくなった事への苦情だと思われます。
決して中指立ててる事じゃないと思うんですけど、先に出た同プロデューサーの話の続きはといえば……
「あっちがXファイルの事で何かやってたって友達に教えてもらったんだ。僕は観てないんだけどね」
観てないのかい!

今回の応募で、シナリオ形式というのが初めてだったんですけど普段、書いてるものとは表現方法を変えてきました。絵を想定していうると随分助けられる事になるかもしれないです。
また「インディペンデンスデイ」の話になっちゃうんですけど映画の中の会話を例に出しちゃいます。
週末を恋人ジャスミンの家で過ごしていたウィル・スミス演じるヒラー大尉は巨大宇宙船の出現で休暇が中止。基地に呼び出されてしまします。行ってほしくないジャスミンが食い下がるのですが、聞き分けのないジャスミンにヒラー大尉がキレそうになってこう言います。
「何でそんな事言う!」
ジャスミン不満げな顔で
「何で?」(ヒラー大尉の「何で?」に対して)
と一言。そして窓のカーテンを開けて
「あれよ!」
窓の外に見えるのは都市を覆うかの様に浮かぶ巨大宇宙船。
ヒラー大尉納得(-_-;)

この時、ジャスミンは、たった2語しか使ってないです。
「Why?」と「That」
それだけで予想外の状況に不安になってる心情を説明してます。分かりやすいし、どこかユーモラス。
これを小説にして言葉を並べたら伝える情報量が10倍は多くなると思います。
絵がある事はその表現力を上手く利用できる書き方もあるかもな…と今回考えました。
…って今更遅いんですけど!


スポンサーサイト

アメリカとイギリスには対エイリアン用の作戦がある? | ホーム | 熱中症にならないには一日4Lの水が必要

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。