スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チンパンジーと人間の遺伝子の差は僅か2%

この2%の差が生物として大きくわけているんだとか。
とはいえ、チンパンジーにはしっかり社会性があって特に縄張りに対しての反応は人間社会かなり似てます。
以前観たドキュメンタリー番組では縄張りが交錯した他の群れの一匹を見せしめに殺してました。
撮影班もこれにはショックだったようで事を起こしたその日は様子がいつもと全然違ってたそうです。
まるでジャングルを行く特殊部隊かなにかの様だったと。
ティム・バートン版「猿の惑星」ではチンパンジーが将軍としてトップに君臨していましが、チンパンジーはテレビ番組で見ているよりよほど凶暴で攻撃的なんだとか。
個人が大人のチンパンジーを飼うのは危険なのでよした方がいいらしいです。子供のときはかわいいんですけどね。

ちなみにオリジナルの「猿の惑星」は原作者が日本軍に捕虜になった体験をベースにしているんだとか。
予告編を見てると偏見や差別や虐待に対しての風刺さがよくでてる印象あります。一本の映画として見てみないと評価は下しにくいですが、予告編を見てるだけならば考えさせられる映画っぽかなと。
とりあえず観に行きたい。




脳の老化を改善するアルツハイマーの特効薬はかなり完成に近い段階までできてるらしいです。
マウスの実験は良い結果だったんだとか。
スポンサーサイト

ダークマターはダークエネルギーと干渉し合う | ホーム | ユニコーンは誤訳から生まれた

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。