スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語はコミュニケーションの7% 後の93%はボディーランゲージ

お正月に「SP 野望編」観に行きました。
テレビシリーズは一回も観た事なかったんですけど、予告編がカッコよかったんで。
上映までに時間があったんでTUTAYAに寄って予習しました(DVDパッケージを観ただけですけど)。
岡田くん、特殊能力がある設定なんですね。
ツッコミどころもあるんですが評価できる点もありで、差し引きゼロかな。

その後、邦画のそこそこモノが見たくなって「千里眼」借りてきました。
本屋さんに寄ると同じ原作者の「万能鑑定士…」のシリーズをよく見かけてたせいかな?
(それって意識へのすり込みってやつ?)

観ていて思ったんですけど、最近、海外ドラマで心理学者や催眠術師が主役のやつがありますけど、「千里眼」が制作が99年か2000年だからずっと「ライ・トゥ・ミー」や「メンタリスト」より早いですね。
コレ、前に借りた事はあったんですけど、その時より面白く見れました。なんでかな?

千里眼 [DVD]千里眼 [DVD]
(2001/03/21)
水野美紀、黒木瞳 他

商品詳細を見る

でも、「これは演出なんだ!」とひいき目にみても粗が多かったです。「いや、実際それはねえだろ?」みたいな。
設定を細かくしてる割に変なところで手を抜いちゃってる様な部分がつい目について……。
この作品はシリーズ化されている人気の作品なので、ぜひリメイクして欲しいですね。
でも、こんど映像化する時は、もっと専門家の監修を入れてね! 

千里眼 (小学館文庫)千里眼 (小学館文庫)
(2000/03)
松岡 圭祐

商品詳細を見る


主人公が専門知識を持ってるストーリーって面白いですね♪
なんか読みたくなってきました。

はっ!
さ、催眠されてる……
スポンサーサイト

アメリカ海軍なのに日本語名の艦があった | ホーム | ウサギは自分に興味のある事しか聞こえない

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。