スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマトはっしん

先週だったか「スペースバトルシップ ヤマト」のプロモの一環で自衛艦”ひゅうが”へのキムタク訪問を放送していた。
ミニタリー好きな僕としてはちょっとワクワクしてしまいました^^
護衛艦という名前がついてるとはいえアメリカだったら強襲揚陸艦の部類に近い船。
似たタイプにワスプ級がありますが、それより大きさが3割ほど小さいにしろヘリが4機しか搭載しないのは少なすぎ?(最大11機搭載できるそうですが)
「ひゅうが」200m弱でヘリ4~11機
「ワスプ級」260m弱でヘリ40機くらい?
なんか計算おかしい気がします。

まあそれはさておいて
ヤマトですが旧日本海軍の戦艦であった”大和”をモデルとしているのは周知の事実。
実は、この大和、”超大和”、”大和 改" 建造の計画もあったのはあんまり知られてないかと思います。
カタカナで書くと”超ヤマト”なんて原作者のひとりである松本零二先生の作品に出てきそうなカンジ。
超ヤマトは、当時世界最大の戦艦だった大和をさらに大きくした型を建造しようとした計画。ヤマト改は、大和型の船体に主砲の口径を大きなものを取り付けようとした計画だったらしいのです。
しかし、戦局の変化と空母戦力への移行でこの計画は実現する事はなかったわけですが、もし太平洋戦争が起きなければ、もしかしたら旗艦として世界最大の戦艦”超大和”が存在していたかもしれません。
大和を建造の際は完全極秘プロジェクトで巨大なパーツを作っている人たちに図面の一部しか見れず、自分たちが一体何を作っているのか分からなかったんだとか。
歴史の”if”は、かわぐちかいじ「ジパング」などで描かれていたりしていますが、巨大戦艦の実用性はともかく日本の技術力とアイデアはすごかったんだなと思ったりするのです。

ディスカバリーチャンネル イージス艦健造 [DVD]ディスカバリーチャンネル イージス艦健造 [DVD]
(2005/07/29)
不明

商品詳細を見る

何億ドル掛けていようが、最新装備をしていようが、結局のところ造船に関わる職人さんの腕が重要なのだ!
ミサイル搬入は補充というより工事といった方がいいです。建造系の好きな人にオススメ。



ということでヤマト観にいきたいです。
監督が山崎貴さん。僕にとっては「3丁目の・・・」より「リターナー」を撮った監督さんという印象の方が強い人。
それに 黒田メイサ、実はファンです。

Returner リターナーReturner リターナー
(2002/08)
山崎 貴

商品詳細を見る

”アルデンテ”のエピソードが好き
岸谷五郎さんのキレた悪役っぷりが素敵でした。
スポンサーサイト

どりーむきゃっちゃ~! | ホーム | じわじわきます

Comment

M.MARRY #DdiHOXp.

こんばんは~ご無沙汰してます。
実はヤマト……TVアニメ版、リアルオンタイムで見てました(わーわーそんなトシなのよ~)
めっちゃ好きでしたよ、古代くん……キムタクか……いいのか悪いのか……見たいのか見たくないのか……自分でもイマイチよくわかんない(笑)
でも、本当はハーロックとエメラルダスの方が好きなんです。アニメ版より松本先生の原作の方が好きです。

2010/12/17 (Fri) | URL | 編集

delta(6_6) #vZbA1Su2

こんにちは、MARRYさん。
予告編はすごかったですよ。
3Dにすればよかったのにと思いました。
聞いた話によると地上戦がバイオハザードに似てるらしいです。
やっぱり実写化はファンの人は元々のイメージがあるので複雑な気持ちですよね。

ハーロックといえば「ニーベルングの指環」だったか、ヤマトとアルカディア号がすれ違ってましたよ。
映画は多分、来年早々観に行く予定です。

2010/12/30 (Thu) | URL | 編集

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。