スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じわじわきます

1ヵ月間、夜の続くアラスカの小さな町にバンパイアたちが現れた。目的は"狩り"。
生き残った住人たちの極限のサバイバルが始まる。

……てな感じな内容なのですが、実はこういったノリの話が大好きです。
最初に起きていく些細な出来事を不審に思いつつも、結局、どっぷりドツボにハマっていく登場人物たち。
結末は切ないですが、こういった終わり方もありかなと。
こんなサバイバル状況ではいかにリーダーシップをとれるかが生き残りの重要なキーポイント。
いろんな事情や気質の仲間たちをまとめるのは大変なのです!
困難にぶち当たっても投げ出さない保安官(ジョシュ・ハーネット)に敬意!
後半、バンパイアのボスが血まみれで立っているシーンがあるのですが、血の汚させ方で、なんとなく古典的ドラキュラっぽく見える様な感じに。なかなか面白い演出だと思いました。
後から知りましたけどサム・ライミが制作なんですね。
監督は「トワイライト・サーガ」3作目の監督だそうです。

30デイズ・ナイト プレミアム・エディション [DVD]30デイズ・ナイト プレミアム・エディション [DVD]
(2010/10/06)
ジョシュ・ハートネット、メリッサ・ジョージ 他

商品詳細を見る


これもじわじわきます。
小さな田舎町で起きる謎の奇病(一旦心臓が止まった後、凶暴化して蘇るゾンビっぽい感じのやつ)によるパニックと恐怖。
面白かったです。背後からぐわーっとくる感じがなんとも……
エンディングも読みごたえ感のある終わり方でなんだか映画みたい。
デイヴィッド マレルは、実は映画「ランボー」の原作「一人だけの軍隊」を書いた人。
律義な人らしく、「トーテム」を書いた時、スティーブ・キングに「死霊の町」と似た感じの話になってすまん、とわざわざ電話したんだとか。
トーテム 完全版〈上〉 (創元推理文庫)トーテム 完全版〈上〉 (創元推理文庫)
(2006/03)
デイヴィッド マレル

商品詳細を見る

(実は、こんなのが書きたいのだ!)


で、これが上にも出てきたスティーブ・キング「死霊の町」の映像化。
緊急病棟に運び込まれた瀕死の患者の口から語られるセイラムズ・ロットの忌まわしい事件の全容。
吸血鬼ネタですが、これも、じわじわときます。DVD2本の長丁場ですが、そんなのも忘れる程、すっかりひき込まれました。
最後まで観るとオープニングの状況の理由が分かる感じになってます。
オススメ!
死霊伝説 セーラムズ・ロット [DVD]死霊伝説 セーラムズ・ロット [DVD]
(2005/08/05)
ロブ・ロウ、ダン・バード 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ヤマトはっしん | ホーム | 主に泣いてます。

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。