スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の書くキャラのルーツ

慈悲深い死 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)慈悲深い死 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)
(1990/07/25)
田口 俊樹ローレンス ブロック

商品詳細を見る

内容紹介
酒を断ったスカダーは、安ホテルとアル中自主治療協会の集会とを往復する日々を送っていた。ある日スカダーは、女優を志してニューヨークにやってきた娘の行方を探すように依頼される。ホームレスとヤク中がたむろするマンハッタンの裏街を執念深く調査した末に,彼が暴いた真相とは?異彩を放つアル中探偵を通して、大都会ニューヨークの孤独を哀切に抽くハードボイルド
内容(「BOOK」データベースより)
酒を断ったスカダーは、安ホテルとアル中自主治療協会の集会とを往復する日々を送っていた。ある日スカダーは、女優を志してニューヨークにやってきた娘の行方を探すように依頼される。ホームレスとヤク中がたむろするマンハッタンの裏街を執念深く調査した末に,彼が暴いた真相とは?異彩を放つアル中探偵を通して、大都会ニューヨークの孤独を哀切に抽く人気ハードボイルドの最新作。

― Amazonの商品説明から抜粋 ―



このシリーズ好きなんですよね。
自分の書く創作品のお手本(おこがましいですが…(;´・`)>)
ハードボイルドの定義は人それぞれあると思いますけど、これが僕の思う"ハードボイルド"です。

いろいろ事件の物的証拠から推理はしないです。
主人公のアル中探偵マット・スカダーは(アル中なのは警察時代に子供を誤射して死なせてしまったのがきっかけ)人間関係や被害者、依頼主たちの心情から事件の真相を辿っていきます。
起こったのが哀しい事件でも、悪党が登場しても、関わった人間の悲しい人生が浮き彫りにされても、どこか人間の優しさを感じさせる、というのがこの マット・スカダーシリーズ の気に入ってるところです。
それと悪党なのに何故か魅かれる悪党が登場するのも作品の魅力。
「慈悲深い死」では重要人物でもないですが犯罪組織のボス、通称ブッチャー(精肉屋)がいいんですよ。
ブッチャーは、気に入らない相手を殺して精肉店の肉の様にバラバラにするという怖い噂からついたあだ名で悪党で犯罪組織のボスらしく冷酷なんですけど、実はとても人間的な人物。
読んでいてキャラが好きになれると作品も好きになる、と思うんですけどまさにこれが自分的にはそうでした。
上手く書けなかったですけど、創作品の中のある悪党キャラは実は、彼がモデルです。
こんなキャラが描ければいいなと常に思ってるんですけどね。(;´・`)>



で、なんで今回こんなネタかというと、コレを観たからなんですよ。
銀魂 シーズン其ノ弐 09 [DVD]銀魂 シーズン其ノ弐 09 [DVD]
(2008/03/26)
杉田智和釘宮理恵

商品詳細を見る

【ストーリー】
幕府に仕える由緒正しい家の娘・ハム子が再び仕事の依頼で銀時たちを訪ねてきた。春雨の一件で転生郷からはすっかり足を洗ったというハム子だが、今度は彼氏の太助がヤバイ事になっているらしい。転生郷の売人をしている太助は、ハム子と一緒に真面目に生きようと組織を辞める決意をしていた。しかし、転生郷の秘密を知る太助は、辞めるどころか組織の天人たちに狙われてしまい・・・。
★収録4話(82「カワイイを連発する自分自身をカワイイと思ってんだろ お前ら」83「運に身分は関係ない」84「男は心に固ゆで卵」85「固ゆで卵は潰れない」)





というわけで、「銀魂」ハードボイルドを連発する小銭形平次の登場の回。
結構好きなエピソードです、これ。

スポンサーサイト

関西弁のゾンビ | ホーム | FTP接続? TPS接続

Comment

高瀬涼 #tNwXzqtM

慈悲深い死。タイトルが暗そうで素敵です。アル中探偵ってのは珍しい。でもアル中の理由が切ないですね。
そこがハードボイルド。古本とかでちょっと見てみようかと思います。世界感に浸れそうです。
気に入らない相手をミンチにする噂があるのにdeltaさんに「人間らしいやつ」と言われるブッチャーに興味が湧きました。一体、どんなだ!?

銀魂ていやあ私は最近、編集の大西の話をアニメ見ました。作者と編集の人との会話が垣間見える気がします。
これもおもしろいです。

2010/07/07 (Wed) | URL | 編集

delta(6_6) #vZbA1Su2

こんにちはー、人をオチに繋がるのであまり語れませんが、ブッチャーに限らず、ローレンス・ブロック作品に登場する悪党は憎めない奴が多いです。犯罪に関わってる連中なんですけど、読んでいて好きになるキャラたちです。
マット・スカダーシリーズは「慈悲深い死」以外もいい作品が多いです。
映像化作品もありますが、映画としてはあまり有名ではないです。
……とか言ってたら、僕もまだ読んでないマット・スカダーシリーズを読みたくなってきちゃいましたv-356
ああ、あの雰囲気に浸りたい!!


「銀魂」編集の大西のエピソード見ましたか。
あれ僕も好きです。「ギンタさん」、「漫画家は基本、ゴリラ」ってのですよね。
もし実写化されたら大西編集者を演じるのは八嶋 智人さんしかいないと思ってますv-218

2010/07/12 (Mon) | URL | 編集

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。