スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイレントイーグルの記事の訳を訳してみた

世界最強といわれたF-15のニューバージョンF-15SE” サイレント・イーグル"が公開されました。(ネタ的には古いですが)
F22の海外輸出が禁止され需要の制限をされたボーイング社がF22の様な第5世代ジェット戦闘機が欲しい海外ユーザーをターゲットにしているのは間違いなくステルス性も向上させて最新機。
そこでボーイングのプレスリリースをネットで翻訳。でも日本語的に変なので自分で改訂してみました。
これが意外と難しいです。映画の吹き替えと字幕では微妙に違ってたりしますけど……なんか分かります。
原文から訳す翻訳家の方はすごいです。


というわけでやてみたのがこちらです


ボーイング新しい F-15であるF-15SE の内容を発表
(セントルイス、2009 年 3 月 17 日 - ボーイング当社にて)
セントルイスの我がボーイング社で今日、海外のお客様のニーズを満たすよう設計された新しい F-15 の概要を発表します。
F-15SE-MSF09-0028-259_lg.jpg
F-15 サイレント イーグル (F-15SE)

サイレントイーグルについてボーイング社のマーク バス、F-15 プログラム担当副社長はこの様に話す。
「F-15 サイレント・イーグルは、低コストでのステルス技術と大量かつ多様な武器の搭載量、そして国際的な顧客の予想される必要性を満たすように設計されています。革新的なサイレント・イーグルは、長期運用のニーズを満たすように設計、バランスのとれた手頃な価格で販売していきます。
機体に特殊なコーティングを施しステルスに改良しました。 再設計された共形燃料タンク (CFTs) で機体内部に余裕ができたという利点を活かし武器を収納させています。ボーイング社の魅力的な戦闘機サイレント・イーグルは世界のユーザー様方の要望にを満たすことでしょう」
F-15SE-2-MSF09-0028-193_lg.jpg

「特定のミッションに応じて、お客様は、武器を内部へ収納するか、従来どおりの機体外部へ装着するに変更するかどちらでも使用可能です。サイレント・イーグルは、空対空ミサイル、共同の電子誘導爆弾 (JDAM) と小径爆弾 (SDB) などの AIM-9 と AIM-120 と対空、対地用武器を内部ウェポンベイドで運用できます。これらの武器装備は従来のF15のバージョンにも使用が可能です。
機体の垂直尾空力の効率を向上させる構造にし機体重量を削減せました。 これは、空力向上、デジタル戦闘コントロール、航空機の信頼性が向上し、機体重量の軽減システムです。
生存性の強化、BAES デジタル電子戦システム (レイセオン Advanced 電子スキャン Array (AESA) は、レーダーと連携作業 DEWS) などがあります。
ボーイングの計画ではすでにプロトタイプ完成させ、実際のミサイル発射を含む 2010 年の第 1 四半期でプロトタイプで模擬戦テストを行う予定です。
国際航空宇宙のパートナーとの共同プロジェクトとして、設計、開発、およびテストのこの内部キャリッジ システムを利用できます。


ボーイング統合防衛システムは世界最大規模で革新的な機能を重視したお客様向けソリューション、および世界最大かつ最も多彩なメーカーの軍用機専門防衛企業の 1 つです。 セントルイスに本社を置く、ボーイング統合防衛システムは 32 億ドルのビジネスを行い世界中にで70, 000人の従業員のいる会社です。


---------------------------------------------

ネットの翻訳ロボットで訳した文はこちら

ボーイング新しい国際 F-15 設定--を発表、F-15SE

フォト リリースを参照するには、[イメージ] をクリックします。
これらのイメージ編集ニュース メディア上では利用できます: boeingmedia.com セントルイス、2009 年 3 月 17 日 - ボーイング当社 [NYSE: BA] セントルイスの今日、F-15 サイレント イーグル (F-15SE)、海外のお客様のニーズを満たすよう設計された新しい F-15 構成を発表しました。
「F-15 サイレント鷲コスト ・ パフォーマンスのステルス技術と大規模で多様な武器のペイロード、国際的な顧客の予想される必要を満たすように設計されています"マーク バス、F-15 プログラム担当副社長のボーイングと述べた。 革新的なサイレント鷲将来の生存のニーズを満たすように設計、バランスのとれた、手頃な価格のアプローチです」。
ステルスの改善には、コーティング、航空機でのトリートメントなどがあります。 再設計された共形燃料タンク (CFTs) の追加の利点を内部の武器の運送をサイレント鷲は非常に魅力的な戦闘機ボーイングの国際的な顧客になることを許可します。
特定のミッションに応じて、お客様は、内部の運送を設計されているか、伝統的な CFTs 最適な燃料容量と外部の武器の運送をバックに変更、CFTs を使用できます。 サイレント鷲空対空ミサイル、共同の直接攻撃爆弾 (JDAM) と小径爆弾 (SDB) などの AIM-9 と AIM-120 と空気とグランドの武器などを内部で実行することができます。 F-15 の現在のバージョンで使用される標準の武器負荷インストール、従来の CFTs で利用可能です。
航空機の canted 垂直尾空力の効率を向上させる、リフト、提供し、機体重量を削減します。 別の空力向上、デジタル Flight コントロール、航空機の信頼性が向上し、機体重量の軽減システムです。
生存の改善、BAES デジタル電子戦システム (レイセオン Advanced 電子スキャン Array (AESA) は、レーダーと連携作業 DEWS) などがあります。
ボーイング、鋼管内部キャリッジ概念の概念プロトタイプを完了し、ライブのミサイル発射を含む 2010 年の第 1 四半期でプロトタイプを flight-test する計画。
国際航空宇宙のパートナーとの共同プロジェクトとして、設計、開発、およびテストのこの内部キャリッジ システムを利用できます。

そして原文はこちら

ボーイングのF-15SEプレスリリース

日本のFX(次期主力戦闘機)の候補もF22、F35やユーロファイターよりもずっと現実的です。
最初F-15SEの型番を見た時、SEの意味はスーパーイーグルだと思いました。"サイレントイーグル"なんですね。
ステルスを強調してるって事でしょうけど。

スポンサーサイト

プレデターVSヤクザ…? | ホーム | 妖刀について考えてみた。

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。