スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇者や魔王がでてくるファンタジーよりもこっちのほうが好みかな?

ミラーマスク [DVD]ミラーマスク [DVD]
(2009/07/03)
ステファニー・レオニダスジェイソン・バリー

商品詳細を見る

レンタル屋さんの片隅に置いてあったのを見つけました。聞いたことない作品だったので少し不安だったけど借りてみました。
【ストーリー】(Amazonの紹介分より)
サーカス一家に生まれた少女へレナは、ある晩、光と闇の二つの国が微妙なバランスを保つ、不思議な世界へと迷い込んでしまった。
そこで、彼女は自分とそっくりな闇の王女のせいで、光の国を治める白の女王が深い眠りにつき、世界が闇の影に飲み込まれつつあることを知る。
白の女王を目覚めさせ、光と闇のバランスを取り戻さねば、ヘレナも現実の世界には戻れない。いま、幻のミラーマスクを探す旅が始まる…

自分的にはアタリで、好みのストーリーでした。
アメリカで制作の映画らしいですがイタリア的な印象を受けました。サーカスや大道芸人が登場するからでしょうか?強い勇者と可愛い魔法使いに世界を狙う魔王や戦士が登場するファンタジーも悪くないですが、こういったタイプのストーリーも、もっと評価されてもいいと思うんですよね。
ちなみに主人公ヘレナの吹き替えは「トライアングラー」の坂本真綾さん。



ミヒャエル・エンデの「モモ」という話も好きです。
スポンサーサイト

自分的ウェキペディアの(い)の項目~ぅ | ホーム | リベンジ買ってしまいました

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。