スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オン・ユア・マークア

アルト、ランカ、シェリルのそれぞれがしっかり自己主張していていい話だと思いました。
今回、「ああ、三人とも主役なんだなぁ」って感じました。
退避壕の中では考え方とか人生のスタイルが三者三様という所が面白かったです。
ある意味、ストーリーの象徴的な状態だったのかも。

諦めちゃいそうになるランカ
何とかしようとするけど状態を打破できずにいるアルト
たとえ、可能性が少なくても成功を信じてそれにかけるシェリル

三人の設定ってバックボーンがしっかりできてるんだなと思いました。
感心しちゃいます。
キャラの設定が明確だから行動理由がシナリオライターも描きやすいんだと思います。三人ともセリフが明確で決して陳腐に聞こえない。それと三人の誰にも感情移入できるよう作ってあるのもいいです。
特にシェリルさんの男前さには惚れました!

映像だけでなくシナリオも中々、侮れないマクロスF
次回も期待しちゃいます。
4話の配信が終了する前に観なくっちゃ。


それから深夜枠だからなのかキャサリン・グラスとレオン・三島の執務室でのシーンは、シュチュエーションと描写がエロいっす!
でもこの短い会話とシーンだけで関係と立場を分からせるとこは上手いな。

絶対部下から陰でジョークのネタにされてそうな髪型の大統領主席補佐官、レオン・三島が実は悪いヤツではないかと疑っているの人は僕だけではないと思います。隠蔽工作が得意そうだし。


スポンサーサイト

ミス・マクロス | ホーム | ステファニー買ってみました。

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。