スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のスティーブ・キング月間っということで

「インベーション」が面白かったんですけど、あれSFだけでもミステリーの要素あるんですよねー。
ということでそういう感じのDVDを続けてみたくなりレンタル屋さんに行って来ました。
スティーブ・キング物なら面白いのがあるだろうとちょっとチョイスしてきました。
キング作品は映画化も多いんだけどテレビ映画も随分多いです。
長編作品が多いのでテレビ向けの方がじっくり描けだせるというのが理由らしいですけど。
過去に見たことあるのは
「スタンド」
「IT」(後編のみですが)
「セイラムロット」
「炎の少女チャーリーⅡ」(これはイマイチでした。もしかしたらスティーブ・キングはタッチしてないかも。キャラがキングっぽくないし)
モダンホラーの帝王と呼ばれるスティーブ・キングの作品はホラーだけど登場人物がユニークなのとどこかユーモアがあるのが特徴です。
主役が分散するのもそうかな?

で、借りたのはこれ
スティーブン・キングのデスペレーションスティーブン・キングのデスペレーション
(2007/10/12)
トム・スケリット.スティーヴン・ウェバー.アナベス・ギッシュ .ロン・パールマン.ヘンリー・トマス

商品詳細を見る

邪悪な保安官に囚われてしまう旅行者たち。
保安官が口走る謎の言葉"タック!"
邪悪な存在と神。
期待しないで見たけど、かなり引き込まれてしまいました。星★★★★です。
邪悪な存在と神の啓示を受けた者たちの対決……ちょっと「スタンド」っぽかったかな?
最後はちょっと不思議な感動が残るキング作品らしい終わり方で◎です。
スポンサーサイト

ハードチェイス | ホーム | 作品の整理を。

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。