スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューターは二つある

ベストセラー小説の映画化した作品で"無実の罪を着せられた主人公が逃亡する"という馴染みのパターンながらストーリー展開に引き込まれてしまいました。
原作も面白いんだろうなーって思わされます。主演でスワガー役のマーク・ウォールバーは自分の中ではマット・デイモンとちょっとカブってます。「ボーン・アルティメット」も近いときに公開したから余計に……というかマット・デイモンと思ってましたから。「おっ、なんか凛々しくなったなあ」とか…別人でしたけど。
新米FBI捜査官のインド系俳優さんはいい味だしてました。仲間の捜査官たちにはマヌケ扱いされていながらも実は頭がすごくいいという味のあるキャラ。彼のがんばり感も好感あります。
ある意味FBIの、のび太くん(しずかちゃんもいました)。って、主人公スワガーはドラえもん。
キャリアは浅そうだけど今後活躍しそうな気がする俳優さんです。

展開は典型的なパターンながら監督の腕なのか原作の良さなのか、とっても面白いと思いました。
フラッシュバックの挿入の仕方が上手いです。
自分の中ではってことで。

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディションザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション
(2008/04/25)
ダニー・グローバー、マーク・ウォールバーグ 他

商品詳細を見る


で、こっちが類似品。観た事ないですけど。
シューター 無限射程シューター 無限射程
(2008/01/09)
ジェームズ・レマー、マリオ・ヴァン・ピーブルズ 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

ここで一句 | ホーム | 第18話 悪意の矛先

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。