スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4話「対外折衡」

配信終了ギリギリで観れた第4話「対外折衡」。
未来の中東は石油の枯渇で状況が悪化してるという設定の様で女王が援助の要請の為に奔走してるみたいだ。セリフから察するに世界情勢に反発した為に孤立している状況らしい。「キングダム/見えざる敵」という映画を観た直後だったので中東という地域での王女の描写に違和感を感じたけど…アニメだし、まっついっか、といった感じです。

ユニオンのMSカスタム・フラッグの性能は台詞から引用すると12Gの旋回能力。
現実の世界では人間と機体の限界は9G程度。現代の戦闘機ではユーロファイターが9Gの旋回能力を誇る。パイロットは9Gにも耐えるスーツを着込むことになるが12Gという設定数字がダブルオーの年代設定的に、いい線に設定を決めてる気がする。
ユニオンのMSパイロット、グラハム・エーカーも自信あり気でスマートな態度が何気にかっこいいです。ガンダムとの対決に期待させられちゃうな。
ちなみにグラハムはGrahamで”グレアム”と呼ぶ方が一般的らしいです。

人革連の”超兵”はZガンダムの強化人間的ポジションだと思うけどネーミングがそれっぽくて面白いです。表情の薄い少女という設定が「エウルカセヴン」のヒロインを想わせます。
敬礼の仕方が特徴的で中東やインドの軍隊の敬礼と似ているみたい。

ダブルオーはいろいろと細かい設定があるなあっ…て感じます。



5話にも期待だ!
スポンサーサイト

実物ははじめて見ました。 | ホーム | りょ、量産型?

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。