スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムマイスター

配信でガンダムダブルオーの第二話見ました。

前回より登場人物の正体がちょっとわかりました。オープニングでは古谷徹さんの説明も加わった為、背景を少し理解。
AEUはEUの変わった姿だったのですね。
でもってユニオンは米国圏の変化した未来の姿らしい。大統領と呼ばれる人物が登場しセリフの内容からほぼ現代アメリカといった感じ。
ちなみの大統領のネクタイというのは色は決まっていて必ず青色か赤色もしくは両方の組み合わせなんだそうです。これはアメリカ国旗をイメージせせているんだとか(大統領候補者も同じなんだって)。おそらくスーパーマンとスパイダーマンのコスチュームも同じ理由だと思う。

ガンダムに話は戻りますとAEUのモビルスーツの公開テストに来ていたハンサムガイはユニオンのパイロットでした。どうみてもライバル的なオーラがしてます。終わりの方でガンダムに挑む姿がかっこよかったです。ちょっと悪めな表情が素敵!

ガンダムのマスコットといっていいキャラ、ハロはガンダムの自動操縦を担当してるらしい。ハロに操縦させてパイロットのストラトスが狙撃をするというシステムみたいだ。これは今までのガンダムシリーズでハロが初めて戦闘に参加?

余談ですが米空軍F-16以降の戦闘攻撃機はコンピュータに自動操縦させてパイロットは地上攻撃に集中させるそうです。それ以前の攻撃機は操縦と攻撃担当の2名のパイロットを必要で英空軍の戦闘攻撃機トルネードはその典型。

それを踏まえるとガンダムを自動操縦させて狙撃行動に移る設定は現代戦闘機を性能をモデルにしてるような感じがある。それと、ちょっと映画「ステルス」のエディっぽいかな? どっちも丸いし。

次回ユニオンMS、フラッグ(名前は合ってるのか?)VSガンダムの続きが楽しみです♪





それから……今週のアレルヤのセリフも気に入りました
スポンサーサイト

ダブルオー第3話は | ホーム | みましたダブルオー

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。