スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きなRRが帰ってきた。

RRって…ロバート・ロドリゲス監督の事です。
スパイキッズシリーズが有名だけど自分の中で一番インパクトがあったのは「フロム・ダスク・ティル・ドゥーン」。
大まかには凶悪犯罪者兄弟が吸血鬼の巣に入り込んでしまう話。
主人公がキレた悪党というのも面白かったけどスピーディさとストーリーの意外な展開に惚れました。

そのロドリゲスがやってくれたのが
グラインドハウスinプラネット・テラー
チープなB級映画をとことん真似て作ってるのが楽しいです(フィルムの傷だとかフィルムの紛失とか遊びの演出細かいんだよなぁ…)。
ロメロのゾンビとかバタリアンやバイオハザードのオマージュ満載。
タランティーノのグラインドハウスinデス・プルーフは見逃してしまったけどプラネット・テラーだけでも、お腹一杯です。
登場人物のエル・レイがカッコイイ!
(この人気に入ったのでこれから売れて欲しい)
タランティーノもヤバめな役で登場!
伝説的な特殊メイクアーティスト、トビー・サビーニも脇役で登場!
ハリウッド映画で最もシールズの隊長役を演じたマイケル・ビーンも出てたり!
ブルース・ウィリスも出てる!

いろんな意味でお腹いっぱいな映画でした。
スポンサーサイト

たまにはこんなお話 | ホーム | SIZUOKA109

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。