スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のディーン・クーンツ月間その弐

夏の夜とゆーわけではないですが読んだことのあるクーンツ作品「ミッドナイト
面白かったです。
確かクーンツには珍しく一巻で収まってたかなぁ。

某OSメーカーの創設者を思わせる若き天才科学者。彼が開発したナノマシンは画期的な能力を見せる。彼の会社の拠点となるある小さな街には成功された未来が約束されたはずだった。しかしナノマシンの能力は人間の予想を超えていた。
主人公のFBI捜査官は行方不明者の捜査に街に潜入していたが街の秘密に触れる事に…

と、こんな感じのストーリーだったか。
ナノマシンの影響で変身してしまった人間たちが無気味。自分はこのアイデアの影響にモロ受けてます。
サスペンス風ですが家族の結びつきがテーマの作品かもなぁ。

ラストはちょっと涙モノ。
面白かったっすよ?
スポンサーサイト

マシ・オカさんマジで来日 | ホーム | 理想の上司

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。