スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BONESって気に入ってるんだよね

GW中に熱でぼーっとしながら見てた海外ドラマ。いまだにハマってます。といっても全部片っ端からみるわけでもなく、今、借り続けているのは「CSI」シリーズと「チャーリー・ジェイド」。回を追うごとに明かされていく事実。ちょっとじれったい気もします。南アフリカロケという事ですが雰囲気がハリウッド物とは違いますね。現地の俳優さんたちと米国の俳優さんたちとではエキストラにしても何だか違っているみたい。
とはいえ、あのハードボイルド感が好きです。
「CSI」シリーズはマイアミが一番気に入ったかな。ちなみに一番暗いんじゃないかと思ったのはNYです。

で最近、DVD化して欲しいのは「BONES
最初観た時は「CSI」の新シリーズかと思いました。違いましたけど、きっと「CSI」がヒットしたから製作されたんだろうなぁ。
主人公は法人類学者ブレナン博士。通称"ボーンズ"。
最初はFBIの鑑識かとおもいきや違うんですよねー。観ていてよく状況が飲み込めなかったです。どうやら予算の為か何かでFBIに協力しているだけで本来は殺人事件の被害者の検死は仕事ではないみたい。
相棒となるFBIのブース捜査官は「エンジェル」でエンジェル役だったデイビッド・ボレアナズ。「エンジェル」が好きだった自分は「ボーンズ」は彼が出ているから観たのです。
面白かったのでハマりました。
彼が演じるブース捜査官は熱い男です。ぶっきらぼうなとこもありますが被害者の気持ちに気遣いしたり実は思いやりがあったり…うーん、なんかエンジェルとかぶる(気のせいなのか?)


でもって「BONES」"お試し"第一話が収録されているのはホラー映画「オーメン」のリメイク版「ポイントプレザントの悪夢」のVol.1。S・キング作品と「ツインピークス」のムードを盛り込もうとしている意図を感じます。美女とイケメンだらけ。666のマークはサーファーブランド風でちょいカッコイイ(チョイ悪どころか相当悪い…悪魔だし)。悪魔の子を演じるエリザベス・ハーノイスが可愛い。もしかしてアメリカのティーンアイドル?
ポイントプレザントの悪夢 DVD-BOX ポイントプレザントの悪夢 DVD-BOX
エリザベス・ハーノイス (2007/04/06)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

さいきんいろいろあるよね | ホーム | ちんぶりかえってどこが悪い?

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。