スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WWEの巻

ぼくの小説のキャラクターの名前はよくWWEというアメリカのプロレス団体の選手の名前を使っています。最近、そのWWEのDVDにハマっています。「スコーピオンキング」という映画で主役をやった”ロック"が所属しています。格闘技はガチンコでなきゃあ・・・という人は観るときっと怒り出すでしょう。 楽しいんだけどなあ・・・。
対戦カードに一応、設定があって試合前に短いドラマ仕立ての映像や会話を流します。たとえばある選手はムカついたので別の選手の車を爆破してしまうのです(マジで爆破します)。それで喧嘩になって結局、「勝負はリングでつけようぜ!」ということになって試合に流れ込みます。ぼくの観たDVDでは人間がコンクリート詰めにされていました・・・展開が無理やりです(どーやって助けたんだろう?)。そーいったシナリオは日本のコミックを参考にしているっていってました。日本人も出てました。空手キャラというかサムライキャラというか・・・芸者をともなって登場するのには、ちょっと見ていて恥ずかしくなりました。その人多分、新日本プロレスにいた選手だと思います。
好きな選手は多いですが乱暴者キャラなのに人が良い"ブッカーT"が好き・・・。最近は小池栄子もファンだという”レイ・ミステリオ”というマスクマンがメチャメチャかっこいいので好きなのです。


スポンサーサイト

ゴジラの巻 | ホーム | 猫の独語の巻き

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。