スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOOM

アメリカのビデオゲームの映画化だが「バイオハザード」1作目っぽい。人気ゲームらしいが僕は知りません。
プロレス団体WWEで活躍したロック様が主演という事だが主人公はリーパー役のカール・アーバン。眼つきが良いです。「リディック」で野心を秘めた将軍役だった俳優さん。この人、売れるかもしれません。
ロードオブザリングにも出演しているけどわかりにくい。

公開時には膨大な制作費がかかったとの宣伝文句だったけど水増しっぽい。どこにお金がかかっているかわかりません。
あるいはロックのギャラ?

他の出演者もどっかの映画で見かけたような人たちばかりですが演技も悪くないです。
いろいろ謎を含んで進む前半は好みです。
くせのある特殊部隊員の異常な行動がストーリーの無気味さをじわじわと盛り上げます。
後半は、ゾンビにクリーチャーとの戦闘。
舞台が火星ということを除けば企業の実験施設に特殊部隊と、かなり「バイオハザード」。
ジョン・カーペンターの「ゴースト・オブ・マーズ」にも似ている。
消えた火星人のネタは多い。
何か元ネタがありそうな気もするけど。

一人称シューティングのシーンは無くてもいいです(ここだけ監督が別)。

同じゲームを映画化した「ハウス・オブ・デッド」より全然いいです。
スポンサーサイト

テーマ: DVDで見た映画 - ジャンル: 映画

キングダムホスピタルに入院 | ホーム | 気分はブルー

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。