スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラリーマンの語源は塩

なんでもラテン語でsalから来ているんだとか。
古代ローマがまだ都市国家のひとつにすぎなかったころ、通貨を持っていなかったローマが代わりに使ったのは塩。お金代わりですね。それがサラリーマンの語源になってるんですって!

最近、古代ローマに凝ってます。
ローマ戦士のフィギアとかあったら買っちゃうかも……。それくらいに。
古代ローマを調べていくと、これがまたいろいろ面白い。
多くの古代国家との一番の違いは何もないところから一からスタートした点。それ故に現代にも通じる政治制度が生まれている要因になっているようです。ギリシャ、マケドニア、エジプト……勢力があった君主国とは違う流れですね。国のシステムは現代のアメリカ合衆国によく似てる様に思えます。ラテン人から始まり違う民族を受け入れて拡大していくところなんかも。
1年365日というのもローマが始まりらしいですよ。
(あ、そういえば、もう年末ですね)

……さて、なんでローマなんだというとコレにハマったからです。
テルマエ・ロマエⅠ


去年の年末、ラジオ番組(TOKYO FM サントリー・サタデー・ウェイティング・バー)で今年話題(2010年時)になった漫画のネタをやっていて、その中で紹介されたものでした。
古代ローマ帝国のお風呂の技師がひょんなことから現代の日本のお風呂に飛ばされます。
彼はそこで日本人のさまざまな"お風呂"のシステムに驚愕。自分の時代に戻り、それを手本にして新しいお風呂を作っていく……お話は毎回、そのパターン。そのうち皇帝に認められてどんどんローマで有名になっていくのです。
ラジオのMCが編集者に「お風呂のネタでそんなに続くんですか?」と質問。編集者は「それが続くんですよ」と答えてましたが、確かに続きます。よくネタがあるもんだなと。
原作者の方はダンナ様がイタリア人らしく、そのせいかわかりませんがローマ人の描写が結構納得。
これを読んで、なんかお風呂に入る事への考え方が変わりましたね(笑)。
お風呂をどれだけくつろぐ場にできるかという事が、どれだけ素晴らしいものなのかと。
"平たい顔の民族"として"お風呂"というものを再認識させられました。
どうやら映画化されるようですが、主人公を阿部寛さんというキャスティングは似合ってると思います。
でもローマ人。」

最新刊4巻はまだ読んでませんが、続きを待ってたので楽しみです。

テルマエ・ロマエ
この人を阿部寛さんが演じる?
スポンサーサイト
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。