スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の脳は無意識に人の顔を認識しようとする

脳は人間の顔、つまり目鼻口を認識しようとします。
人の表情を読み取ろうとするのは人間のコミュニケーションの大事な手段なのです。
心霊写真の正体の多くは、この特性がもたらすもので、心霊写真以外で有名なものは、火星の人面岩なんだとか。

さてさて"幽霊"つながりということでサイトの方では「漆黒のファントム」を再開(中断してたつもりもなかったんですけど…いろいろ多忙で)してますがその事を。
タイトルは↑の話にもってきたくてのネタでした


漆黒のファントム」は一応、「機動戦士ガンダム」の二次創作をうたってますが、ガンダムの世界を題材としてオリジナルの話を書いてる意識です。というのもガンダムの設定が非常に細かく面白いので。
物語の敵役である「ヴェアヴォルフ部隊」はジオン公国軍の残党で特殊任務の為に設立された部隊です。
ネーミングは第二次世界大戦でのナチスドイツ軍の"人狼部隊"。
非常にある目的に特化した部隊ですがジオン公国軍の敗戦で(その後、共和国に移行する)で彼らは目的を見失ってしまいます。そこで輸送船を襲うという経済的テロを始めます。そこにはジオン公国を復活させるというスポンサーが存在していますが(旧バージョンでは民間企業のオーナーとさせている)「ヴェアヴォルフ部隊」自体は、主義とか公国復興の大義というより、任務を継続している感覚に過ぎません。
時代は移り変わっている生き方を切り替えられないのです。
対して、連邦軍側である"幽霊狩り部隊"は、勝者側であり、現在の脅威である「ヴェアヴォルフ部隊」を排除する為に優秀な人材を集めた部隊です。
対象的にしたいのは「ヴェアヴォルフ部隊」は過去を生きてる集団で「幽霊狩り部隊」は将来を見据えて行動している集団ということです。その辺りをもう少し、強調させるように改編してきたいと思ってるんですけど。

作品自体は、既に書き終えているものに手を入れているわけですが、初期版の反省点のひとつは物語の目標が曖昧だった点だと分析してます。
キャラたちが何を目的に行動しているのか?
目的の違うキャラ同士の接点にドラマ性をもたせるべきだっのでは?
ガンダムの特徴であるモビルースーツという設定に半端にこだわり過ぎてないか?
まあ、こういった点を再度、見直していきたいと思ってます。

納得いくストーリーに改編できたなら最終的には、設定をガンダムからオリジナルのものに置き換えて、ひとつのSF小説として成立させていこう、というのがささやかな目標でーす。
スポンサーサイト

イエスは暗号や例え話を用いて説経した

ようするにオブラードに包んだ方が粉薬は飲みやすいという事で。


ヘタな人生論よりイソップ物語―こんなに奥が深い“大人の童話” (河出文庫)ヘタな人生論よりイソップ物語―こんなに奥が深い“大人の童話” (河出文庫)
(2007/10)
植西 聰

商品詳細を見る


物語の研究にと買ってみましたが、思っていたのとは違う方向で面白かったです。
カウンセラーでもある著者がイソップ寓話の話ごとに著者なりの解釈をそえています。話の通りのものもあれば、逆説的なものもあり。さらには、それはちょっと強引じゃ…? みたいなものもあります。
ですが、どれもそれなりに興味深かったです。
子供のころ読んで感じた事とは違う解釈もありましたが、言われてれば確かにその通り。うーん、奥が深い。
ちょっと意外だったのは、自分が覚えていた結末と違うものも幾つあった事。
自分の記憶が違うのか? それとも読んだものが書き換えられたものなのか? もしそうならどういう意図で? 答えを知りたい!

知ってる話が載ってなかったりもしてたので今度、全部載ってる本を読んでみたいです。

(6_6)

アメリカ海軍なのに日本語名の艦があった

強襲揚陸艦で"イオー・ジマ"という艦がありました。
既に退役してますけど。

さてさてこの前、SPACE BATTLESHIP ヤマト観てきました。
う~ん……いろいろ、う~んです。

でのまずは、いいとこから!
空間騎兵隊 斉藤始役の池内博之が良かったです。
あと相原役の女優さんがちょっと好みでした
主演のキムタクのプロモ活動についてはいろいろ言われてましたけど、映画会社との契約にプロモも含んでいるのに協力しない俳優、女優さんも大勢いる中で、あの人の取り組みはエライと思います!

映像的にはブラックタイガーのドッグファイトCGはデキがよかった。ガミラス艦のCGも悪くないです。
「ジュブナイル」や「リターナー」でもガバって開く感じのメカ登場しましたけど、山崎貴監督のメカデザインって特徴ありますよね。
あと、小道具で米軍不採用のXM-8を使ってたのはちょっと嬉しかったかな。


で、微妙なとこは↓自主規制

もー! なんかいろいろ中途半端。大作映画というより、まるで『スマスマ』のパロディドラマを観てる様な感じでした。
ネームバリューのある出演者が多いのに、せっかくのドラマシーンをワンカットで済ませてるとこが多いのはどうなんでしょ?
設定にも「バトルスター・ギャラクティカ」のいろいろを持ち込んでます。オチも「あれ?なんか他の映画で観たことある気がする? 」な感じで。
海外でも元ネタにされるくらいのオリジナリティな設定を崩してまで、他の作品の要素を無理やり取り込む必要があったのか?かなり疑問です。反面、オリジナルの「宇宙戦艦ヤマト」の部分にこだわり過ぎてるとこもあるし、作品的にどうにも上手く化学反応起こしてないって印象。

山崎貴監督だからって期待してた分、ギャップが大きくて……なんか微妙。上手くストーリーをまとめる監督って印象あったんですけどね。



「SPACE BATTLESHIP ヤマト」は、「ローレライ」樋口真嗣監督や「CASSHERN」紀里谷監督が撮っても面白かったと思います。




スペーストラベラーズ [DVD]スペーストラベラーズ [DVD]
(2006/06/23)
金城武、深津絵里 他

商品詳細を見る

脇役ですが池内博之さんの役……泣けます


バトルスター ギャラクティカ-サイロンの攻撃- [DVD]バトルスター ギャラクティカ-サイロンの攻撃- [DVD]
(2004/12/29)
ジェイミー・バンバー、エドワード・ジェームズ・オルモス 他

商品詳細を見る

テレビシリーズが日本で放送される以前にDVDリリースされたシリーズのパイロット版的作品。「バトルスター…」の1巻目とは若干、展開が異なるらしい。両方観たけど、違いは気にならないです(とゆーか、わからない)。

空軍大戦略 アルティメット・エディション [DVD]空軍大戦略 アルティメット・エディション [DVD]
(2007/02/02)
ローレンス・オリビエ

商品詳細を見る

オリジナルのヤマトではプロデューサーが制作前、スタッフに、この映画やロケットの発射映像をみせて参考にさせたそうです。空中戦の研究に見てみたい気もしますけど。

なんだかんだでいろいろ書きましたが「復活編」と「大ヤマト」のDVD借りてきてしまいました…

言語はコミュニケーションの7% 後の93%はボディーランゲージ

お正月に「SP 野望編」観に行きました。
テレビシリーズは一回も観た事なかったんですけど、予告編がカッコよかったんで。
上映までに時間があったんでTUTAYAに寄って予習しました(DVDパッケージを観ただけですけど)。
岡田くん、特殊能力がある設定なんですね。
ツッコミどころもあるんですが評価できる点もありで、差し引きゼロかな。

その後、邦画のそこそこモノが見たくなって「千里眼」借りてきました。
本屋さんに寄ると同じ原作者の「万能鑑定士…」のシリーズをよく見かけてたせいかな?
(それって意識へのすり込みってやつ?)

観ていて思ったんですけど、最近、海外ドラマで心理学者や催眠術師が主役のやつがありますけど、「千里眼」が制作が99年か2000年だからずっと「ライ・トゥ・ミー」や「メンタリスト」より早いですね。
コレ、前に借りた事はあったんですけど、その時より面白く見れました。なんでかな?

千里眼 [DVD]千里眼 [DVD]
(2001/03/21)
水野美紀、黒木瞳 他

商品詳細を見る

でも、「これは演出なんだ!」とひいき目にみても粗が多かったです。「いや、実際それはねえだろ?」みたいな。
設定を細かくしてる割に変なところで手を抜いちゃってる様な部分がつい目について……。
この作品はシリーズ化されている人気の作品なので、ぜひリメイクして欲しいですね。
でも、こんど映像化する時は、もっと専門家の監修を入れてね! 

千里眼 (小学館文庫)千里眼 (小学館文庫)
(2000/03)
松岡 圭祐

商品詳細を見る


主人公が専門知識を持ってるストーリーって面白いですね♪
なんか読みたくなってきました。

はっ!
さ、催眠されてる……

ウサギは自分に興味のある事しか聞こえない

あけましておめでとうございます。
自慢じゃないですが、ほんとグダグダで過ごしてます。グダグダ過ぎてグダグダの神様も見放すくらいグダグダです。人間ダメになりそう……。

さてウサギ年というわけでもありませんが、イラストが可愛かったのと読みやすそうだったんで、つい買ってしまいました。コーチンングに興味があったわけでもありませんが、意外と面白い内容です。
兎年の著者が「ウサギと亀」の昔話で負けてしまうウサギに対してもし、自分がコーチしたなら…という発想からスタート。
コーチングの方法をユーモラスに語ってます。指導する事についての有効な方法を書いた書籍ですが、コミュニケ―ションにも十分応用できる内容です。
柔らかい文章ですがコーチの自己満足での押し付け指導の事もバッサリ!
プロのコーチの方法の根拠をしっかり語っているので納得できるし分かりやすいです。

もしもウサギにコーチがいたら―「視点」を変える53の方法 (だいわ文庫)もしもウサギにコーチがいたら―「視点」を変える53の方法 (だいわ文庫)
(2006/10)
伊藤 守

商品詳細を見る

いつだったか、駐車場からグランドで女子サッカーの試合が見えたんです。
親関係らしい監督やお母さんたちが印象的でした。
なぜかというと非常に酷い言葉をチームの子たちに浴びせてるんです。しかも長々とした言葉で。
子供たちの動きが途中、止まったりしてましたもん。状況判断にもたつく事を良しとするスポーツでもないと思うんですけど。
自分もサッカーのルールをよく知ってるわけでもなかったですが、本番の試合中に行うにはあまりにも雑な指揮だなと感じたのを覚えてます。親御さんたちが張り切るのはいいんですけど、「主役は子供たちでしょ?」って思えてあんまりいい印象なかったです。
きっと試合に負けたら選手の子たちのせいにするんだろうな……と。

話はそれましたが、何を言いたいかというと、相手が思い通りに動かないのはそれなりの理由があるもで、逆に言うと思い通りに動いてくれるのもちゃんと理由があるのだ、という事。
読み易いし、いろいろと興味深い話がありました。
まだ読み切ってませんが興味津々で読んでます。



というわけで今年もよろしくお願いします
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。