スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥が羽ばたくのは60度の角度から

今年も終わりということで。
去年に比べたらのんびり過ごしてます。ガス抜きも上手くできるようになったのかも。
FOXチャンネルでは年明け早々に「24」を連続放送するみたいです。よくやってる企画のような気もしますが、ついFOXの罠にハマッて見てしまうかもです。
まあ、そんときはそんときってことで。

今年は風邪の回数(?)も少なく済みました。
まあ、僕は普通より風邪引きすぎなんですけどね。「やっちゃったよ…」と思ったらすぐ病院行ったのが効果あったみたいです。以前は無理して自力で治そうと我慢して悪化させちゃってたんですけどね。
思い出してみれば熱と咳で最悪のときに朝4時ころまで仕事した事があった気がする……(あ、涙が)

まあ、そんな嫌な思いでは箱に詰めて海に沈めてしまうとして、今年は本をほんとに(シャレではないです)読むようになりました。
スタートはパソコンが使えなかった時の時間つぶしだったんですけどね。
小説の資料として買っておこうみたいな感じでブックオフでやっすい百円ものを買ってたりしてたんですけど、年末の今では新刊も思い切りよく購入してしまいます。
とにかく去年までの読書比率と対比すると1対20の割合くらい。なんとゆーか、おかしいぞ!俺
信じられませんが規模が大きくて書籍が充実した本屋さんに行くのが楽しくてしかたないです。(絶対、おかしいぞ、俺!)

傾向としては歴史系が好きみたいです。
ディスカバやナショジオ、ヒスチャンで歴史ものなんか放送してるとつい食いついちゃいます。
多分、ご飯三杯いけます(あ、ミニタリー系も)。
三国史を扱ったコミック「蒼天航路」が好きだったので中国からスタートし、そこから中東→エジプト→ヨーロッパ→現在、北欧に辿り着きました。
歴史だけではなく怪しいネタも多いんで、ぶっちゃけ偏ってるかも。
魔女とか秘密結社とか陰謀ネタとか……

今、読んでるのはケルト神話系
ギリシャやエジプト系より一般的ではない分、自分的には、なんか新鮮で。
いまさらなんですけど「ロード・オブ・ザ・リング」の登場人物の設定理由も、「そうなのか」と納得。
神話や伝説は歴史と深い関わりがあって、当時の政治的や価値観が形を変えて残ってるものだと思い始めてます。
ちなみに北欧神話のエンディングはキリスト教徒によって変えられてます。
(ラグナロク後にアダムとイヴ的な人間が現れた事にしてしまった)
また妖精というのが面白くて全てはキリスト教以前からあったもので、行動が日本の妖怪的で種類も豊富で……
長くなりそうなのでこの話は別の機会に。
(多分、古本屋で水木しげる先生のイラスト入りの妖精紹介本を狩ってきてしまった影響です)


……まあ、好奇心でいろいろとネタを溜め込んでるんですが物語に生かせたらなんて思ってます。
というわけでよいお年を♪



スポンサーサイト

トロン:レガシー観てきました

年末ですね。
街中も賑やかです。
そんな中、「トロン:レガシー」観てきました。
飛び出すというより奥行きがあった映像でした。
敵側のリンズラー(ニンジャか!みたいなキャラ)がめちゃくちゃカッコ良かったです!
ストーリーも予想外に面白かった。
敵のボスキャラであるクルー2.0はCGで補正された俳優さんであるというのは先に知っていた情報なんですが、それが分かっていてもそう見えにない!
最後のシーンは中々気に入ってます。
飛び出すといえば「パイレーツオブカリビアン」の新作予告もありました。次回は3D!
予告も3D! ジャックがまじで飛び出してます。目の前にいるかの様に見えました。
めちゃくちゃ楽しみです! 
キャプテン・バルバロッサも再び登場で気持ち的に盛り上がるって!(衣装が小奇麗になってたのでどこかの海軍に就職したのかもしれません)





普段はアクションやサスペンス系が多いのですが・・・

普段はアクションやサスペンス系を見る事が多いのですが、今日はヒューマンなヤツが無性に見たくなって借りてきました。
愛しのローズマリー [DVD]愛しのローズマリー [DVD]
(2004/04/02)
グウィネス・パルトロウ、ジャック・ブラック 他

商品詳細を見る

ハルはごくフツーの男性。セクシーな超美人が大好きで、連日連夜ナンパ攻勢をかけるがフラれっ放し! ある日、偶然出会ったセラピストの催眠術でハルの理想のナンパライフに大異変が! 街で超美人ローズマリーに声をかけるとナンパは大成功! 2人はラブラブに! 実は、女性を外見的な美しさでしか判断しないハルを変えようと、セラピストは女性の心の美しさを視覚化する催眠術をかけていたのだ! つまり、ローズマリーは絶世の美人ではなかった! 果たして2人の恋の行方は?
(Amazonmの商品紹介から抜粋)

↓感想はネタバレあるので自主規制です
ハルがローズの父親に対して説教したり、ローズの体型を馬鹿にする通りすがりに対して怒ったりする所が好きです。「よく言った! ハル」みたいな感じで。ローズを超美人だと思い込んでいるハルとローズの本当の姿を見ている相手との”食い違い感”があるのに会話的には良い話になってしまうところが妙に可笑しかしい♪
あと、演じるジャックの素の部分もあるのでしょうがローズの勤務する小児病棟の子供たちのふれあいがなんともよい感じでした(ローズ以外の人間も内面が外見化して見えてる)。で、催眠術が解けたハルが小児病棟の患者の子の本当の姿を見た時、彼がショックを受けるんですよ。その時、それまでコメディらしかったジャックの演技が言葉もない真顔の演技をするんですけど、ちょっと感激しちゃいましたね。物語的には、ここで彼(ハル)は自分が見ていたものの現実と同時に、それまでの自分の考え方がいかに愚かだったか自覚したと思うんですよ。そしてここで自分が愛していたのがローズの外見ではない事に気がついたんですよ、きっと!(あくまでも自分の解釈ですけど)このシーンで僕、泣きそうになりました。あの演技は必見です。


ローズマリー役のグウィネス・パルトロウは「アイアンマン」でペッパーを演じた人。知的で親しみやすい笑顔が大好き! ファンです。
ま、ジャックもグウィネスも好きだったから借りたってものあるんですけどね(^^)
撮影の雰囲気も良かったのかエンディングクレジットはスタッフの映像入り。

思いやりとか誠実さとか、いろいろ心に感じましたよ。
寒い冬に心がほっとする映画でした。
いや、まぢで。

サンタさんへ

サンタさん。
良い子にしてましたから靴下の中楽しみにしてます。
「プレデターズ」のDVD(スペシャルエディションの方で)とARIA ASIAのCDとライヴDVDを入れてくれたら最高に嬉しいです。
あとPS3も入ってたらさらに幸せです。
よろしくお願いします。


と、自分勝手な夢は置いといて
キリストの誕生を祝うイベントなのですが、サンタさんは他の宗教が主流になってる国(日本も含め)もサンタクロースだけは受け入れられるという話です。なんとなく分かる気がします。
さて12月25日キリストの誕生を祝う日ですが、最近の研究ではキリストの生まれたのは4月17日という説があります。
さらにはキリストの生誕をスタートとした西暦は6世紀のローマで歴代の皇帝の記録を元に設定されたのでが"0"の概念が曖昧だった事から"0"をカウントし、さらには名前を変えた皇帝を別人だと勘違いして計算した事から実際は4年ほど西暦が、ずれてるそうです。生誕を西暦の始まりという定義からすると実際は今年は西暦2006年という事になるんですけどね。
信じるか信じないかはあなた次第……


でも、桜散る春のクリスマスというのも意外といいかもね

海賊王に……なれるのか?

人それぞれ地獄はあるものだが、奴はまだ悪魔にウインクしてないぜ
                                フランク・キャンパー



 正確には病気の息子の為に傭兵になったある隊員について別の人間が言った「人それぞれ……」という言葉に対してフランク・キャンパーが言った言葉。前の言葉に対して大きく意味を持つので、一つの言葉にしちゃってますけど本当はキャンパーが言ったのは後半の「奴はまだ悪魔に……」の部分です。
 彼は、その世界では名の知れた傭兵です。


 話は変わりますが、普段あまりテレビは観ない自分ですがスイッチを付けてみたらあら、「ワンピース」。
劇場版が放送してたのですが、ちょっと観るだけのつもりが結局、最後まで観てしまいました。
 ナミさん、よかったです
 エンディングのやつが最高ですね。
 その流れで「ワンピース」の59、60巻読んでしまいました。
 エース~! 白ひげ~! シャンクス~!
 僕、60巻の真ん中あたりで泣いてました

 で、なんで最初の話からワンピースにつながるかというと、ワンピースのキャラたちって明るい言動とユーモラスな容姿とは裏腹に辛い過去を持つキャラがなんと多いと思いません?
 それに立ち向かう強さに共感したりしないですか?
 ルフィーとエースたちの子供時代のエピソードを読んでふと思ってりしました。

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)
(2010/11/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る


 そして夢を叶えるには強い信念を持ち続けるべきだとルフィーやいろんなキャラたちが語ってくれてる気がして仕方がありません。


 僕もがんばろ いろいろ……と。





 あ、お気に入りはハンコック様でございます

宇多田さんに営業協力

「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」購入しました。
DVDの付いてない方です。
宇多田ヒカルさんのアルバムCDだけはレンタルでなく買ってます。
Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2【DVD特典なし・初回盤】Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2【DVD特典なし・初回盤】
(2010/11/24)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る

何故だか曲が飽きないんで.
以前一年以上、車の中で同じアルバム流してた事あります。ふと気がついたら「あれ?1年経ってね?」って
疲れてる時には特に聞いてたい衝動にかられます。
この数日、精神的にも疲れてるので「聞きたい!」みたいな感じで、買ってきてしまったというわけです。



ですが、もうひとつベストアルバム(問題の)はどうしようかと……
宇多田さん本人がブログ買って欲しくないと言ってるヤツです。
ネットの記事を簡単に読んだだけなのですが、詳しい事情はともかく、それだけ自分の作品に真剣なんだろうなと思ってます。


↓こっちはレンタルで済まそうかな……と。
Utada The BestUtada The Best
(2010/11/24)
UTADA

商品詳細を見る

どりーむきゃっちゃ~!

昨日の事です。
出かけるつもりが、洋画専門チャンネルで「ドリームキャッチャー」をやってんで、ついそのまま見続けて、結局お出かけは取りやめ!
好きなんです、「ドリームキャッチャー」
モーガン・フリーマンの無理やりなメイクとか(眉毛がやばい)、トム・サイズモアの非常に徹し切れない隊員役とか。
これ、同じくスティーブ・キングの「スタンド・バイ・ミー」の焼き直しですね。
で、昨日「はっ!」と気がついたのは「ヒットマン」で主演していたティモシー・オリファントが出てるじゃないですか!
主演映画ではあんまり笑顔を見せる役は覚えがないですが「ドリームキャッチャー」」では笑顔が印象的な役。
何回も観てる筈なのに全然!気がつきませんでした
その後、同チャンネルでジェイソン・ボーン シリーズ3作を連続放送してたので、そのまま見続けたのですが……
(でも2作目「ボーン・スプレマシー」の終盤で眠くなたのでリタイヤ)
1作目「ボーン・アイデンティティー」では「キング・アーサー」主演のクライヴ・オーウェンが殺し屋役で登場してるのを発見しました。
けっこう、主役級の俳優さんもちょっと前までは脇役でキャリアを積んでたんですね。
なんというか、昨日はいろいろ発見のあった映画鑑賞Dayでした。

ということで!
銀魂 10 [DVD]銀魂 10 [DVD]
(2007/04/25)
杉田智和、釘宮理恵 他

商品詳細を見る

第36話「すねに傷のある奴ほどよくしゃべる」では『どりーむきゃっちゃ~』叫びまくり…という理由で貼っておきます。

元々、悪夢を捕らえるお守りなんですけどね。


話は変わりますが!
来年「銀魂」が再びアニメ化という情報を仕入れまして、なんというか事で非常に嬉しいです
原作のストックもできたんでしょうかね?
既に楽しみなエピソードもあるんですが、神威と高杉が絡む第7師団反乱の話なんてアニメ的にいろいろ付け足しできそうで面白そうです。
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。