スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャッター・アイランド観てきました

シャッターアイランド観てきました。
予告編が面白そうだったので。
本編前に「観終わった後、結末を話さないでください」と「劇中ヒントが数多く隠されている」とのメッセージが出ました。
もう、こうなると全部疑って観てしまって誰も彼も怪しいです。
最後まで「どっちだ?」みたいな感じで観てました。
主観を何処に置くかという点は興味深く創作の参考にしたいです。
時代背景と実際の事件を知ってるとそういうのもアリか…みたいな見方もでき、とにかく観てる最中、疑いしまくり。
ここである実例を載せるのも面白いんですが、この作品、まだ上映中。しかも結末は話さない方が確かにいい様な作品なので自主規制します。
とはいえ、語りたいのでDVDが出るであろう3カ月後くらいに予約保存しときます。

ディカブリオは名前からいえばもっと娯楽的作品に主演できそうな感じもしますが、破滅型の主人公の作品ばかり選んで演じてますよね。この作品もそうですけど。

ディカブリオの印象に残ったのはあるシーンでした。
「そこかよ!」と思いましたけど……。
スポンサーサイト

まさかの映画公開ですね

まさかの映画化でタイアップ商品も見かけるようになった「銀魂 新訳紅桜編」、いよいよ公開です。
銀さんイチゴ牛乳もいままでなんでなかったのか不思議なくらいですけど。
さて劇場版でもきわどい下ネタを連発すると思いますが笑うタイミングがちょっとアレだと「え? この人ここで笑うの?」みたいな感じで気恥かしかったりして。コミックでもコレ少年誌で使っていいの?読者に分かる?みたいな下ネタ多かったですもんね。
今回、原作エピソードでは登場していなかった神威も春雨という事で関わってくる様ですが、神威をみると自分的にはスピードの向こう側な某ヤンキー漫画のマー坊クンと来栖を思い出してしまいます。("魍魎"の武丸とか"麓沙亜鵺"の緋咲が好きでした。関係ないっスけど…) 夜兎工業高校なんてネタもありましたがアレ結構好きでした。
TV放送の方は終了してしまいましたが、いつかまた復活してもらいたいです。


フリンジにハマってます

FRINGE / フリンジ 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [DVD]FRINGE / フリンジ 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [DVD]
(2010/02/24)
アナ・トーヴジョシュア・ジャクソン

商品詳細を見る

Xファイルが好きな人におススメと紹介されてましたが、確かに……
予備知識がなかったので先入観なく観れました。何よりも謎をひっぱるストーリーが面白いです。1巻目はパイロット版らしいですがそれでもお金がかかってそう。キャラも魅力的で話が進むごとにいろんな面が見えてきて面白いです。
マッドサイエンティスト的なウォルター博士とダナム捜査官はちょっとレクター博士とクラリス捜査官を意識してるのかもしれないです。
不可解な事件も科学的な説明(かなり怪しいですが)してますが聞いていて面白いウンチクです。
回を進むごとにウォルター博士の行動がかわいらしく見えてくるのは気のせいでしょうか?
もう、連続してレンタルしてますけど、謎が謎を呼んでます。
Xファイルよりも各話の事件をすっきり解決してるとこも好感もてます。
そしてなによりもダナム捜査になりました。

でゅららららら?

デュラララ!! 1 【通常版】 [DVD]デュラララ!! 1 【通常版】 [DVD]
(2010/02/24)
豊永利行宮野真守

商品詳細を見る

何気に無料配信観たらハマってしまいました。今は大いに気に入ってます^^
最初は「池袋ウエストゲートパーク」が大好きだったのでそんな雰囲気が気にいって観てたんですけどこれがなかなか独特な魅力がありました。犯罪の絡む青春ストリートモノかと思いきや、オカルト的なキャラも登場で"どんな話だ?"と興味深々。いろんな要素の絡ませ方が見事。登場人物は多いですが、エピソードが進むにつれて関連性が少しずつ明かされていきます。それがまたハマっちゃった原因なんですけど…。チャットの演出もストーリーにどんな関係があるのかは初めのうちはわかりませんが、これも徐々に意味が分かってきました。現在、放送中で結末はまだ判りませんがチャットの人物が誰が誰なのか推理していくのも楽しいです。そしてDVDで見直した時、なぜその時、そのキャラが何故、そう書き込んだのか理由を考察しながら観るのも面白いかもしれません。声優さんで選別って方法もあるんですが僕には聞きわけができませんでしたけど。
(※注 これ、現在8話までしか観ていない状況で書いてます。(;´・`)>)

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)
(2001/07)
石田 衣良

商品詳細を見る

「池袋ウエストゲートパーク」のドラマが放送してた頃か直後、地元では"赤いの"が出没してました。すぐに消えてしまいましたけど。
サラリーマンを拉致ったとか、追われて警察に逃げ込んだとかいろいろ噂は聞きましたが、僕は見たことがありませんでした。
あと、主人公のマコっちゃんのキャラがお気に入りでした。その流れで長瀬智也さんが好きで出演してるドラマとか映画ついチェックしてしまいます。
映画「ヘヴンズ・ドア」は泣けたッス。

映画バイオハザード4 しかも3D!

バイオハザード4の予告編みつけてしました。
4がもう出来てるとは知らなかったです。
3の終わり方だと、アンブレラ社の本社へ乗りこむみたな感じでしたが、どうなるんでしょう?
確か日本でしたよね。
実はバイオハザードのファンで、スペシャルエディションのDVDを1、2、3と全部持ってます。
4がもうすぐ観れるかと思うとうれしくてうれしくて……^^
しかも3D


(なんかマーベルコミックのヒーローの様になってるアリスですが、実は一作目では劇中に"アリス"という名前が一切、出てきません。)

さて出演者に関してですが、こういった映像もユーチューブで見つけてきました。
 ↓ ロケ中の共演者をミラが携帯のムービーで撮ったものの様ですが、このヒトってあの脱獄する人ですよね……?


予告編の中のアリスは髪も黒くなってしかもニンジャの様。
一体、どういう設定?とゆーか彼女に何があったのでしょう。
さらに気になるのが3の終わりに出てきたクローン・アリス軍団のその後(まさか無かったことに……?)


日本公開もいつか分からない状態ですが3D的な映像など見ていると、ついつ楽しみになってしまいます^^
はやくやれ!!

ライフ女子が綴る100の物語

交流サイトさんの高瀬涼さんがFOXチャンネルで募集していた 「ライフ女子が綴る100の物語」で優秀賞に選ばれました。
(おめでとうございまーす^^)

最優秀賞は映像化されてプロモ映像化されて放送されるとの事です。
もし最優秀賞で映像化されたらガッキーかベッキーに出演してもらいたかったです(妄想)。
FOXチャンネルの番組表をチェックしてたら募集を見つけたんで高瀬さんに勧めさせてもらいました。
女子限定だったので僕はチャレンジできませんでしたけど。 
実は応募前の原稿は読ませてもらってたんですが2つのショートの内、印象に残っていた方が入賞したので「やっぱりなぁ」といった感じです。

話は変わりますが、今、FOXチャンネルで注目しているのは『ライ・トゥー・ミー 嘘は真実を語る』
ティム・ロスが主演というのも興味深々なとこなんですけど、主人公が仕草や言葉から嘘を見破るエキスパートという設定が中々面白そう。ボディーランゲージってゆうやつ?
僕もそんな本を何冊か読んだ事ありますけど、「なるほど」と感じた事がありました。
自分の創作品のマジ作品な方には、意図としてちょろっと入れてあったりしてます。
仕草と人との距離感とかって無意識に感情を現してますよね。
このドラマさっき放送を観たばかりなんですけど、なかなか面白そうです。殺人事件が絡みながらもヒューマンなエピソードを盛り込んでいるところがいい感じです。
そんなワケでいろいろ参考になりそうで注目してます。

もうちょっと知名度があってもいいと思うんだ

鴉 -KARAS- フルエピソードエディション [Blu-ray]鴉 -KARAS- フルエピソードエディション [Blu-ray]
(2009/10/28)
和田聡宏渋谷飛鳥

商品詳細を見る

以前にも「トランスフォーマー・リベンジ」公開直前にブログに書いたことがありますが改めて。
「トランスフォーマー」のDVDの音声解説で監督が制作直前に観た「トランスフォーマー」アニメ版と"ダークな日本のアニメ"に影響された趣旨の事を語っていました。その言葉で思いだしたのがこの「鴉-KARAS-」です。鴉は、戦闘機や車に変身しますがその演出は確かに映画「トランスフォーマー」に近いものがあります。他の機械化された妖怪との市街地での戦闘も同じく。
最初、観たときにはスピーディーなアクションとインパクトある演出に驚きました。評価してる点はアニーメーション映像だからできる効果的演出を最大限利用している点。ハリウッド作品にもここまでできてる作品は少ないでしょう。
制作スタッフに業界では腕自慢のアニメーターが参加しているそうです。
ストーリー背景がエピソードが進んでいかないと見えてこなさ過ぎるとこはツライですが、他は上質。
高いレベルなのに知名度が低い作品というのが残念です。
トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション (2枚組) [Blu-ray]トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション (2枚組) [Blu-ray]
(2009/05/22)
シャイア・ラブーフミーガン・フォックス

商品詳細を見る

マイケル・ベイ監督の音声解説が聞けるのはこちら。
国防省が全面協力しているので映画初登場の本物の兵器が撮影に使われています。早期警戒管制機AWACSでの対応も"正体不明の敵"と交戦になった場合を想定した対応を本物の兵士たちのアドリブ。
「トランスフォーマー」はロボットエイリアンが登場し、複雑なCGを駆使する作品ながら、実はリアルな描写と考証も非常に多いんです。
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。