スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさ小説更新です。

魔法使いのキーラさんアップしました。
と、いってもチャプター1です。
完成してからとも思ったんだけど、書きながらアップでもいいかなと。
(いつものごとくですけど)
なんか自分的にじれったくなったというのが本音です。
お話のタイプごとに文体は変えるようにしてますけど、今回はライトな感じで。
タイトルは・・・「青い魔法使いはお年頃♪」
うっ・・・なんてベタんでしょう。
でも頭から妙に離れなくって



なんか赤川次郎っぽいぞ。
似たタイトルあったよな・・・思い出せないけど。
いいタイトルが思いついたら変えます。
とりあえず仮題ということで。





トップページとロゴの方もまたまた変えてみました。
スポンサーサイト

テーマ: 更新報告・お知らせ - ジャンル: 小説・文学

お前に決めた

 年明けに覗いた古着屋さんが気になってたので寄ってきました。
 ダウンを一着購入。
 買う気満々だったので薄着で突入。その場で着たりなんかして。
 もう、直感買いです。

 普段は何か買うときは色々見て回って決めるんですが、というか今日も見て回ったんですが、それを見つけたら即決めでした。
 店員さんも面白かったゆーのもあるんですけど
 たまにこーゆーときあります。

大統領と秘密結社

アメリカ初の黒人大統領であるオバマ氏が大統領に就任しました。
アーノルド・パーマーみたいだ!(絶対、ドラマの影響あったと思うな)

さて歴代のアメリカ大統領にはある謎の秘密結社に関わっている人が何人かいます。
それはハローグッバイの関さんの言う有名なフリーメーソン・・・ではなく
髑髏を紋章とした謎の秘密結社"スカル アンド ボーンズ"。
名門エリート大学のサークルが発端の様ですが、ここで契られた契約は卒業後も続き、そのメンバーたちは政治家、経済界、と政府の中枢に深く関わっています。
歴代大統領の何人かはメンバーだったようです。
以前、某テレビ局が取材しようとして断られた経緯があり、その秘密結社を題材として「スカルズ」のタイトルで映画化もされました。


信じるか信じないかはあなた次第。

いろんなことありすぎ!

この11日間はいろんなことがありすぎで・・・
悲しいこと、嬉しいこと、驚くこと、切ないこと
テンション上がったり、めちゃくちゃ下がったり
すべてがリンクしてなかったり、してたりで
「24」くらいに連続して色んなことがありで軽くパニックでした。
もっとプレッシャーのあった事も切り抜けてきたので乗り切りれるとは思ってたけど。
しかしなぜ、同時に!


いま落ち着いて考えると今回は自分を見つめなおす事もできたかもしれません。



「素晴らしい夢を見て、それを行動に移せ」

ネイティブアメリカン ナバホ族の格言で好きな言葉です。

チャペルウエディングっていいかも。

友達の結婚式に行ってきました。
酔っ払うと「池袋ウエストゲートパーク」のマコっちゃんぽくなってしまう彼ですが、ぶっちゃけイケメンです。
さらに酔っ払うと怖いその筋の方にも体当たりしようとするので、リミットを見極めるのが大変。
散歩でテンションの上がった飼い犬を散歩させてる気分になったこともありました。
そこには"しちゃだめです!"みたいな。
でも、かわいい弟分なんでそんなんも楽しいかなって。

式はチャペル式でした。
チャペルウエディングに参加したのは2度目ですが、今回はびっくり。
賛美歌はノーマイクの生歌い。建物の作りもあるかもしれませんが歌声が響く響く。
ちょっと感激しましたよ。
本物の外国人神父さんのカタコトの日本語ながらも小ネタもなんか入れてきて可愛らしかったです。(御歳の方でしたが)
やっぱえーこと言うわぁ、と感心もしたりなんかして。


酔っぱらっれいたせいか途中から携帯のムービーにえらくハマってました。
カメラ撮影ってなんか楽しいかも♪

本気で怖かったです・・・

ミラーズ」という映画観ました。
マジで怖かったです。
気がついたら本当に心臓の鼓動が激しくて。
基本、映画館でホラーは観ないです。
ゲームのファンだった「バイオハザード」や「サイレント・ヒル」はともかく、「リング」とか「呪怨」系の映画を観るのなんて問題外。だって後に残りそうで怖いし・・・
「24」のジャック・バウアーことキーファー・サザーランドが主演だったんで、
それと予告編を観たとき面白そうかなって……
でも”好奇心、猫を殺す”の喩えどおりでした。
死ぬかと思いましたよ!精神的に。
同僚殺しのトラウマを抱えた元刑事が廃ビルの夜警を始めたれど、その建物には恐ろし~い秘密が。
特に鏡に・・・
鏡をネタにしたホラーは「インプラント」って映画など過去にもありましたが「ミラーズ「リング」系…というかかなり似たシュチエーション。
鏡の中の悪霊から家族の命を守るため、建物で起きた過去の忌まわしい事件を辿っていきます。
そおーゆーミステリー性も面白かったですけど、鏡に映る姿がいきなり、ぎゃー! となったり、わーっ!となったり、油断も隙もありません。
不可解なオチも最初の方でしっかり伏線つけてたり、ストーリー的には面白かったですけど。
でも、あーっ!
もう!、怖かったです。
ノーマーク作品だと思いますがよく出来ているのでDVD化したら人気でそう。


観終わった後は、しばらく鏡の中の自分を見つめられなくなりますけど。

よく見破ったな!明智くん

正月のダラダラ感が全開状態です。
どーしましょう。

気分転換に「K-20」観て来ました。
予告編が面白そうだったからなんですけど
楽しかった!
まだ公開中なので内容を詳しく書く事は自主規制ですけど、海外でもウケるかも。
架空の昭和が舞台で江戸川乱歩の「怪人二十面相」をアレンジしてますが、テスラ装置やユングースカ大爆発事件を絡ませたりするストーリーには、めっちゃ魅かれましたよ!
ノーCGのアクションも見事!
ヤマカシ状態です。
きっとスタントマンは海外の人ですね。
CGの使いどころもいいし♪
お嬢様役松たかこさんの演技がキュート。
脇役の人たちもいい人チョイスしてます。
伏線もいろいろ含ませて面白い展開でした。



多分・・・
監督はきっと「ルパン三世カリオストロの城」がすっげー好きなんだと思います。
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。