スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミネルバを手直そーかと。

「闇の街のミネルバ」のサイドストーリーを書こうかなーって思っていて、その前に作品の読み直しをしてみたんですが…これがまた…
誤字脱字が多い
一回、ビシっと手直ししなきゃ、あかんなーと思ってます。
なぜか"f"を打ってしまうという謎のタイプミスもあるし。
他の作品も"f"打っちゃってるのが多いんですよね。
別に"f"が好きってわけじゃないんですけど。


「闇の街のミネルバ」のサイドストーリーは探偵モノっぽくいきたいなーって思ってます。
登場キャラは人間とそれ以外が入り乱れてみたいな感じで。
主人公は別の作品のキャラを流用でいくかも。
スポンサーサイト

まじで"SATUGAI"せよ?

魔界遊戯~for the movie~魔界遊戯~for the movie~
(2008/08/20)
デトロイト・メタル・シティ

商品詳細を見る
「デトロイトメタルシティ」(DMC)観て来ました。
おーっホントに"SATUGAI"だぁ~。
ちょっと感激です。
このコミック大好き!
ブログとかでの作者のコメントはヤバイとこもあるんだけど、クラウザーさんの酷さも根岸くんの優しさがうわべだけじゃない気がしてしまうとこが許してしまえるみたいな感じで・・・。

で、帰りにCD買っちゃいました。
車の中では大音量で「SATUGAI」流れてます。信号で止まるとヤバイです。
原作とほぼ同じ歌詞というのが感激だけど冷静に聞いてみると企画モンとはいえメジャーレーベル的な内容じゃないよなー…と。いいのかな…といらぬ心配をしてしまいました。
よく見ると発売元はデスレコード……って、もしかして映画の企画の為にまじでインディーズレーベル興しちゃったってこと?


メタルも悪くないなあ-と、クラウザーさんにしっかり洗脳されつつありますが、ついでに立ち寄ったメタルコーナーで見つけた"彼ら"にはマジで震えました。
スリップノットスリップノット
(2000/03/23)
スリップノット

商品詳細を見る

ビジュアルのヤバさ加減も音もすげーです。
惚れそう。

ちょっと冒険

チャットを初めてやりました。
知らずにマナーの悪いことしてないかちょっとハラハラ気味で。
まるでサッカーの試合の終盤に途中出場したルーキーみたいな気分でした。
でも意外と面白かったな。
コメントのタイムラグっていうのが今まで何だかピンときてなかったんだけど、やってみれば意外とすんなり馴染むというか。

でも、かみ合わないコメントがないようにとちょっぴり必死でございました。
ゲームの流れを把握しようとしながら自分の動きも考えなければならないという…やっぱりサッカーの試合に途中出場した気分ですわ(-_-;)



姿も見えず相手の表情も分かりませんがほぼリアルタイムというのが掲示板やメールとは違った感じがあって新鮮でした。
参加した人たちが良い人でよかった。( -.-) =з

デジタル記録#USGX-8810-B467の映像を入手。

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディションクローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション
(2008/09/05)
不明

商品詳細を見る
なんのことかとゆーと"暗号名クローバーフィールド"
「クローバーフィールド~HAKAISYA」のことです。
DVD買っちゃいました♪
ホームビデオカメラで撮ったという設定で揺れ動く映像が臨場感をあおります。
劇場で観たときには車酔いしたようになって頭が痛くなちゃったけど。
予備知識なしで観に行ったんですけど途中まで本編の"前フリ"かと思ってたもんね。
途中でずっとこれでいくんだと気がついた自分は愚か者です。
結局、正体がわからないまま終わってしまったので特典映像付きのDVDが出たら買おうと決めてました。
でもメイキングでも"何か"の正体はわかりましぇん!
音声解説にヒントがあるのかもともう一度見よっかなって思ってます。
劇場ではあまりにもライブ感があったので気がつきませんでしたがDVDで冷静に見ると"ゴジラ"をかなりリスペクトしてるんだなと感じました。音楽もかなり意識してるんでは?
確か初代ゴジラの全米公開バージョンは東京に偶々い合わせたアメリカの新聞記者の視点で描かれた様に編集されたもの筈。「クローバーフィールド」のストーリーの描かれ方が軍でも関係者でもない点もゴジラに大きくヒントをもらってるんじゃないかなー。「ブレアウォッチプロジェクト」の影響が一番だけどね。
混乱と破壊が続く映像の中で最初と最後の映像はロマンチックで好きなんだよね。
最初の方に映るアパートメントから見えるニューヨークの公園の映像は新鮮でした。ビルとビルの間に深い緑があるんだなぁ、ニューヨークって。

モンスター映画ではあるけれどロブとベスのロマンスの流れが大好き。




ちなみにDVDで見る方が目が回らなかったです。

いろいろ仕入れてきました。

古本屋さんで資料用の本とDVDをいくつか買ってきました。
しめて1860円。
……の割には量が充実してるかな、と軽く自己満足です。
自分的には貴重と思える本なので大切に保管しなくてはと思ってます。

ビバッ! お買い物!
(プラス、軽くストレス解消にもなりました。)

最近考えること

最近、人のデッサンをちゃんとやってみよっかなーって思ったりしてます。
頭の中で描いているポーズを描くのって中々めんどくさかったりで、ちゃんと練習してればもう少しイメージどおりの絵が描けるのかなって。
本屋さんにデッサン本ってありそーだし。

余談ですがイラストを描き始めるようになってからショウウインドウに飾られた服を注意深く見るようになりました。

もし三国志の武将だったら

相互リンクのサイトさんに面白そうなものがあったのでやってみました。
三国志診断というものです。いくつかの質問に答えて三国志武将の誰にあたるのか診断してくれます。
三国志は去年えらくハマりまして、そのまま歴史物のドキュメンタリーやら本やら見たり読んだりしてました。

で、自分の診断結果ですが・・・

名前:delta
所属:蜀
能力:武力 51 統率 79 知力 66 政治 79 魅力 79
特技:一騎
計略:火計 / 虚報の計 / 混乱の計

<解説>
 統率力に長けた蜀の一般武将。
 劉備と戦場で知り合い、意気投合して配下となる。
 真実を極めようという姿勢のため、安易な失敗が少ない。
 器用な面があり、猪突猛進な行動をとる場面も多い。
 「樊城の戦い」では、殿を見事に務めた。
 飼い主に歯向かう狂犬のような油断のならない人物と認識された。



…って、狂犬かい!
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。