スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギアすけーと

荒川静香選手フィギアS金メダルおめでとうございます。日本初メダル? すげーっ!
スルツカヤコーエンが両脇ににいるのもすごいな。

いつかみたドキュメント番組が思い出しました。
よかったですねー(^o^)/~~~
スポンサーサイト

いよいよフィギア

いよいよ、女子フィギア。
テレビのスポーツニュースで最強トリオとコメントしてたけど経歴をみると確かにそうです。三人とも世界大会の一位とか上位入賞の三人です。
なかでもミキティは金メダルに最も近い選手です。やっぱり"4回転ジャンプ"とゆーのが強み。データ的にいうと強敵イリーナ・スルツカヤは金メダル候補ですけど、もしミキティ4回転ジャンプを成功させたら金メダルとれるかも。
新聞の予想では米国S・コーエンは銅メダル候補なんだけど世界大会の成績的にはミキティ荒川選手村主選手よりいいような気がします。
強敵だ。

本番は何があるか分かりませんがミキティ荒川選手村主選手もがんばってほしいです!




ちなみに、ぼくの行くヘアカットのスタイリストさんはちょっとミキティ似です。

『』バトンきました

maimさんから『』バトンもらいました。
指名されたお題は『本』。
とゆーわけで回答です。

1.本棚に入っている『本』

「ナイトワールド上」F・P・ウィルソン著
 マンハッタンに突然現われた巨大な穴。邪悪な存在が企む世界滅亡。穴から現われる謎の生物。
始末屋ジャックと聖なる使命を受けた男が立ち向かいます。
「マンハッタンの戦慄」「ザ・キープ」という別々の作品の主人公が登場していたので(どちらも読みました。面白かったです)衝動的に買ってしまったけど読みかけ。
「ナイトワールド」は多分、藤沢とおる(GTO)が「特公」の元ネタにしてると思います。
「マンハッタンの戦慄」は不思議な力を持つ宝石を取り戻すためにマンハッタンに現われたインドの謎の怪物に始末屋ジャックが立ち向かう話。
怪物のイメージは僕が描いている「ブラックドッグ」に登場する犬の怪物の元ネタです。
「ザ・キープ」はルーマニアの古城に駐留したドイツ軍が古代の悪魔に遭遇する話。何百年も行き続け悪魔と戦い続ける男とユダヤ人娘のロマンスがいいです。


「幽霊部隊」ウォルター・ウェイジャー著
細菌兵器を開発した中東某国に潜入し秘密基地を壊滅させる特殊部隊の話。
「マンハッタン殲滅計画」「ダイハード2」の原作者の作品だったの買いましたが前2作の方が面白かったです。
「ダイハード2」は映画と別物と思ったほうがいい作品です。吹雪の中、妨害電波を出すアンテナを破壊するために淡々と狙撃を続けるSWAT隊員が渋かった。
墜落する旅客機の日本人機長の名前がトコロ・ケンジというのに笑えました。作者はどこからこの名前を見つけてきたんでしょう?
「マンハッタン殲滅計画」マンハッタンの地下鉄に撒かれた神経ガス。その犯人を追う刑事の話。
日本の地下鉄サリン事件の起きるよりずっと前の作品で、旅客機を人質に取る「ダイハード2」にしても9・11事件を思わせる作品でした。
実際9・11事件後にFBIがウェイジャーを調査したとか、アドバイスを求めたとか…

「死霊たちの宴」ジョージ・A・ロメロの「リビング・オブ・デッド」へのオマージュ。いろんな作家が「リビング…」の世界観で寄稿したゾンビ小説の短編集。でも参加している作家の中ではスティーブ・キングしか名前は知りません。
「リビング・オブ・デッド」が色んな解釈で描かれているのが面白いです。スティーブ・キングがとても"スティーブ・キングらしかった"のが印象深いです。
日本でいうとガンダムの世界観でいろんな作品がでてるみたいなもんかなぁ


後は
「沈黙の戦艦」戦艦描写の資料として
「プレデター」この映画が好きだったので細かい設定を知りたかったら
「ヤングサンデー」グラビアに惹かれて……




2.今妄想している『本』

妄想…っすか? 自分の書く小説ですかねぇ
なんでもあり、の話を書きたいです。
映画にありそうなシュチエーションで。


3.最初に出会った『本』
あんまり覚えていないけれど。わずかな記憶を辿っていくと……西遊記かなぁ…
それとタイトルも作者も覚えていないけど犬が旅をする話。
お金を稼いだり強盗に銃で撃たれたりする話。子供向けの絵本だったと思うんだけど今、考えると変に現実的な冒険話。
犬なのに……



4.思い入れのある『本』
「戦慄のシャドーファイヤー」ディーン・クーンツ著
表紙の絵が「吸血鬼ハンターD」とか「フロントミッション」のイラストの人だったので手に取ったやつ。
これだ!と思った本。
長編なのに章が短く場面展開が早いので長編が苦手な僕でも、一気に読めてしまった。

ラブロマンスあり、サスペンスあり、秘密情報部の陰謀、遺伝子操作の怪物、エロチックと盛り込みが多才。
ヒーロー、ヒロインが心に傷を持っていて悪役は陰湿でとことん嫌な奴で、脇役に読んでいて好きになる"イイ奴"が多い。
事件を追う刑事コンビがなかなかよかったです(脇役ですが)。
この人はモダンホラーで有名なスティーブ・キングに比較される事が多いんですがスティーブ・キングが暗い結末が多いのに対してクーンツの作品のエンディングは感動的なものが多いです。
ぼくはそっちの方が好みです。
以後何作かクーンツの作品を読みましたがどれもパターンは似ているとは感じますが……けどアイデアが多才なのは尊敬!

映画化されている原作は多いんだけどがっかりなものが多いです。
唯一"クーンツらしい"と思ったのはベン・アフレック(アルマゲドン、ペイチェック)主演の「ファントム」でした。




5.バトンを回したい5人&指定単語

うーん、どうしよっかなぁ
月観母那珂さんに『ラルク・アンシェル』!(受験ご苦労様!)
高瀬涼さんに『本』!(降雪大丈夫ですかぁ?)
リコさんに『コミック』(レポートお疲れです)

テーマ: バトン - ジャンル: 日記

スノーボードクロスに目がハート!

いやートリノオリンピック。
中継見逃した競技も随分あったり、
ニッポンは金メダルとってなかったり、
あとはミキティだけ見れたらいっかな…くらいにしか思ってなかったけど…
たまたま見たスノーボードクロス……
おもしろーい! かっこいー!
こんな面白い競技あるなんて知りませんでした。Xゲームは名前は聞いたことはあったけどこーゆー競技とは思いませんでした。
予選も面白かったけど、なによりも決勝! 面白かった~ヽ(´▽`)ノ

なんとなくモータースポーツに感覚が似てる気がします。
Xスポーツってやつなんですか? 多分ですが、普段はスポンサー付きの大会で世界とか全米とかサーキットするような感じなのかも(想像ですが)

Xゲーム見たいっす!

日本代表、千村格選手(16位)の準決勝は燃えました。千村選手のメットのカラーリングがカッコよかったです。レプリカあったら欲しいです。
ラインを外されたときの転倒率が高いですね。
タクティクスがすごく面白いです!

決勝はいい試合でした。
接戦で面白かったぁ!(アナスンスは2位ジーデック選手連呼し過ぎ…好きなんだろうか?)
セス・ウエスコット(米)最初のゴールドメダリスト! 
個人的にはカナダ代表ジェシー・J・ジェームスが気に入りました。
スノーボードクロス最高!

…でも自分じゃやりたいとは思いません。




トヨタかなんかがスポンサーになってXゲームの大会を日本で開催して欲しいっす!

テーマ: トリノ五輪!! - ジャンル: スポーツ

ワイルド・レンジって映画見ました

「ワイルド・レンジ」って映画を見ました。
西部劇です。
ケビン・コスナーの監督、主演です。
この人、西部劇好きな人です。今まで監督したり製作した作品は西部劇か西部劇の要素のあるSFものだった気がします。
今回のワイルド・レンジはお金もかかってないしケビン・コスナーと相棒ボス以外、名前のある俳優出てないし。
いろいろな西部劇がベースになっているみたいな話です。
ビリー・ザ・キッドとかワイヤット・アープとか…
腕を折られた殺し屋はケビン・コスナー主演の「ウォーター・ワールド」で出てきた俳優さんでした。個人的にコスナーと仲がいいんでしょうか?

ぼくが書いてる「ラストタウンの殺人」は近未来のSFでホラーっぽい要素も入れていますが多少、西部劇を意識してるんです。
だけど、主人公の明確なキャラクター付けがなかったような気がします。
この映画を見たあと、なんとなく主人公が固まってきました。
多少、影響されるかもしれません。
まあ、そーゆーのいつものことなんですけど。

静岡のおでん

今日の「めざましテレビ」で静岡市の中継がありました。
見覚えのあるところです。入ったことはないけど。
駄菓子屋でおでんを売ってるのは静岡市だけだって知りました。
そーだったのか…?
でも駄菓子や自体そんなに多くもないですけど。
お好み焼きをやってた駄菓子やもあったような気がするー。
それも静岡だけなんだろうか?

まぁ、ずっと煮込んだ黒いスープと黒はんぺんは静岡だけというのは知っていましたが、粉鰹節と粉海苔のふりかけも静岡だけとゆーのは今日初めて知りました。
ファンタジスタ!

白はんぺんは、ぷにゅぷにゅし過ぎて物足りないです。
はんぺんを食べてる感じが全然しません。

テーマ: どうでもいいこと。 - ジャンル: 日記

小説バトンきましたー

「LiGHT or DaRK」の月観母那珂さんからバトンまわってきたので答えます。

小説バトン

◆小説を書いてどのくらい?
◇たぶん2年くらい? サイトに書き始めたのが1年ちょっと。その前は他のサイトさんに投稿してました。
それ以前は物語にもなってなようなモンをいたずら書き程度に。


◆どういった話を書くことが多い?
◇現代物、近未来物、ギャグ物。基本的にはジャンルにこだわりはないですがSFベースになってるみたいです。


◆プロット(構成)は立てる派?立てない派?
◇たてるものとプロットなしのものもあります。プロットを書いてある方がすんなり進められるのでできるだけ立てようと思ってます。
たてていないものは頭にある程度まとまっているかウォーミングアップ的な時に。


◆視点は一人称(主観的)と三人称(客観的)、どちらが多い?
◇三人称の方が好みです。場面展開を多用する事が多いので一人称だと書いていてなぜかストレスが溜まります。


◆長編体質?短編体質?
◇現在進行形が多いですが文章の量的には中編が多いです。短編もありますが中編に書き直していくパターンが多いです。
現在進行形の作品たちがさらに進んだら長編体質ということになるかも。


◆今までで長編、短編合わせて何本書いた?
◇25、6本くらい。未完が圧倒的に多いです。プロットだけならまだまだストックあり。今年はいくつか書き終えたい!


◆今まで書いた話でお気に入りを3つ。
①ブラックドッグ
②ラストタウンの殺人
③The Lakeside Castle and Monster


◆話を書くにあたって、自分なりのこだわり、ルールは?
◇キャラクターの行動理由。
このキャラはこういう奴だからこういう状況の時はこう行動(言う)する、みたいな感じ。


◆書いている時はBGM有り?無し?
◇音楽は流しっぱなし。パソコンに入っている22時間分ランダム再生。かるく有線状態です。
流さない時はDVDをかかけっぱなし。
かなりジャンルばらばらに入ってますがキーボードが進むのは気に入っているのは宇多田ヒカル、MOOMIN、nobodyknows+、大竹佑季なんかが。

◆これから挑戦したい話や世界観、目標等。
シリアスな情報部もの+幽霊な話+純愛。
(一体、どんなだ? と思う方もいらっしゃるでしょうが僕の頭の中ではアリです)
恋愛もの
(得意ジャンルではないですが他人の作品読んでいてなんとなく書きたいな…と)



◆憧れる作家さんを3人
◇憧れてはいませんが上手いなぁ、と思う人というなら。
宮崎駿さん(ご存知、日本の宝! ジブリ! 「風の谷のナウシカ」とか「ハウルの動く城」とか「天空の城ラピュタ」なんかが好きです)
ディーン・クーンツ(映画化されまくり。日本ではホラー、米国ではハーレクイーンロマンス。アクションありサスペンスありセクシーあり感動あり、なんでもありです)
ローレンス・ブロック(現代探偵小説作家。証拠ではなく心情的なことを推理して捜査を進める元警官の探偵。主人公も登場する悪党も切ない!)


◆次に回す素敵なノベリストを5人
リレー小説パートナー、癒される話が書ける"高瀬涼さん"
忍者最高!話を徐々に盛り上げていくのが上手い"しらてさん"
発想が面白い。設定もらったりした(スペシャルサンクス!)"リコさん"
お笑いショート炸裂 最近は絵本も"カヒさん"
登場人物が好きです。最後はホロリとさせる"maimさん"

普段バトンが来ても次にまわさないんですが今回のテーマが聞いてみたい内容だったので。
ブログをもっていない方もいらっしゃいますが何らかの形で受けてもらえたらうれしいです。(´▽`)

テーマ: 物書きのひとりごと - ジャンル: 小説・文学

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。