スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳の容量はパソコン200万台分

……くらいらしいですね。
まだ、脳の全部分の解明はされてないらしいですが、次第に脳のどの部分が何をしているかは分かりつつあるそうです。
脳内のシステムの応用でコンピュータの性能を飛躍的にアップさせる研究もされてます。情報処理能力は人間の脳の方が実は高いらしいですね。
正確性が必要な仕事にはコンピュータが活用されているのに、この話はピンときませんが、たとえば、人間…とゆうか生物の好きとか嫌いという基準。
あれをコンピュータにやらせると可能性のある何百、何千のパターンを計算してから、ひとつの答えを選択するという作業になります。
「マトリックス・リローデッド」で仮想空間の設計者アーキテクトがネオとの会話で背景のテレビ画面に何百ものネオの答えを映し出していましたが、コンピュータが答えを出すときはは常にアレなんです。
対して人間の脳は、様々な条件を効率的にショートカットして”好き”か”嫌い”かまで結論を導き出せる。
これをコンピュータに応用できれば飛躍的に計算能力が上がるかもしれない……みたいなことを聞いたことがあります。



最近、思うところあっていろいろと生活変えました。
詳しく語ることでもないですが、大きな結論を出しました。
深く考える事もありましたが、自分の中にある背骨みたいなモノを信じてみようと思ってます。

120319_001048_convert_20120402000148.jpg
これ「モテキ」の作者、久保ミツロウ先生のマガジン連載初期作品です。
終盤のストーリーは少し、重苦しく、ぼやけてしまう感じになりますが、それでも好きですね。
主人公の福田新一(新宿で一番と書く)通称フクちゃんは、一見ヘタレの部類ですが、彼の考え方にブレはないんです。
傍から見たら不器用でも一生懸命な人。助けを求める人。心に傷を抱えてる人。
フクちゃんは、本気で応援します(まんま応援ですけど)。
周囲の人たちは、その滑稽な行動を馬鹿にしたりし、笑いながらも、フクちゃんの”応援したい”という嘘のない気持ちに本心では動かされるんです。
一見キレイごとにも見えるフクちゃんの行動だけでは作品のバランスが取れなかったのか、全否定するソウメイという悪キャラも登場します。
この彼にも歪んだ性格になるそれなりの理由があるのですが……(このソウメイというキャラも結構好きなんですけど)
ストーリー中、何度か出てくる「あわせカガミ」という言葉は、初めて読んだときより何故か、何年か後に心に来ましたね。
なんだか考えてみると、この「3.3.7ビョーシ!」の第一話が自分の中でベストであり、人生の背骨みたいです^^
(読んでいて泣いちゃいました)
ちょっと大げさかな? ははは
でも笑って泣けますよ。

いつかテレビドラマ化したらいいのにと思ってましたが、「モテキ」のヒットで、あながち夢物語でもない気がするんだですけど……。
応援してますよ!

スポンサーサイト

太陽の光は10万年前のもの

太陽の中心で作られたエネルギーは10万年かけて表面に上がってくるそうです。
つまり現在、僕らを照らしている太陽の光は10万年前に作られたものなのです。

10万年前のものにしてはずいぶん暑い日が続きますね・・・・・・
こんにちは、お久しぶりのブログです。
実はこの2カ月の間に2度も引越しをしてしまって……
トラブルありーの、ありえないくらいの偶然ありーの、なかなか疲れることの連続。
え? 何? 「アジャスメント」?みたいなこともあったりで自分でもびっくりでした。
というわけでかなり立てこんでました
荷物をほどかないうちの移動の連続でしたが最近ようやく落ち着いたとこです。
今の部屋は、読書と安眠という2つの目的を十分果たせてるので大いに気に入ってます。
設置を後まわしにしていたパソコンもようやく開通。
というわけでブログ書いてます。
色々落ち着いたので久々に映画も。
今日、「スーパー8」観てきました。
予告も謎の多い映像だったので内容は不明でしたが、これ良い映画でした♪
「クローバーフィールド」の続編の噂のあった映画ですが、そう思って見ればそんな要素も多いかも。
田舎町を舞台にじわじわとくるあの"ノリ"は好きなんですけど、それだけじゃないってゆーか……シナリオがいいっすね。
最初は冴えない印象のあった主人公のジョー少年もストーリーが進むうちに段々と好感がでてくるのが不思議。
お互い好意を持ってるんだけど諸事情が…みたいな恋愛話を絡ませるのは「クローバーフィールド」みたい。過去の映像が心情を演出するキーワードになってるのも同じですが(「クローバー…」のアパートメントのシーンは良かったな…( ̄ー ̄))こっちは8㎜フィルム。
決してハッピーな映画といわけではないけれど癒されるかも(?)しれない映画です。
僕は好きなタイプの映画です。


アリスのお父さんの車が黄色いのはスピルバーグが同じく制作した「トランスフォーマー」へのシャレ?


もっと突っ込んでいろいろ書きたいとこですけどそれはまた今度。

復活のブログでした。

A型に潔癖症が多いのは免疫力が弱いから

買い物に行ったら献血の募集してました。
震災の影響でまだ血液が不足してるという看板を見て「それなら…」とやってきました。
献血デビューです。
ビギナーですけど400ml抜きましたよ。
なんだかカラダがだるいです。
変な疲れ方というか……ま、ペットボトル分くらいの血を抜けばこんなものでしょうか?


ブレイド〈DTS EDITION〉 [DVD]ブレイド〈DTS EDITION〉 [DVD]
(2002/06/19)
ウェズリー・スナイプス、スティーブン・ドーフ 他

商品詳細を見る

黒服星人の元ネタ スティーブン・ドーフ演じるバンパイアとその組織。
最後の対決は日本刀を持ったバンパイア対チタン合金製ソードのブレイドとのソードアクション
スタイリッシュな演出とアクションで気に入っている作品のひとつですが2作目以降(テレビシリーズも含めて)より1作目が一番面白いです。

全世界の二酸化炭素排出量の60%は発電所から

こんにちは^^
久しぶりのブログです。
震災絡みでヘコむ事もありまして。なんだかテンションも上げにくい日もありました。
特にメールで現地の写真を見せられた時にはずーんときたりで……。
さらに仕事的には東北関係の取引を切るような状況になり、自分の力なの及ばない事に非常にヘコんだりもしてました。
建前で動く会社には給料をもらってはいる身ですが呆れるのと嫌気がさしてる状況です。
普段、こういった事はブログには書かないんですけどね。

思えば1ヶ月前、震災後の休み明けは情報収集で半日以上を費やし、30分ごとに状況が変わっていくんで混乱一歩手前。
何かしてしなくてはと思いつつ、おつり募金だけは続けてます、
レジに募金箱を置くお店が一ヶ月前より格段に増えてますね。
嫌な面も目にするけれど、少しは前向きにいかないと!





さてGWに突入ですが、特にレジャーに行く予定はなし。
多分、日々の多くは引越しに費やします。後は家電と家具の購入かな?
気がつくと行く先々でインテリアのチェックしてました。
途中、映画には行くと思いますけど行くんだったら「塔の上のラプンツェル」見てみたいです。
(しょこたん版で)

鳥が羽ばたくのは60度の角度から

今年も終わりということで。
去年に比べたらのんびり過ごしてます。ガス抜きも上手くできるようになったのかも。
FOXチャンネルでは年明け早々に「24」を連続放送するみたいです。よくやってる企画のような気もしますが、ついFOXの罠にハマッて見てしまうかもです。
まあ、そんときはそんときってことで。

今年は風邪の回数(?)も少なく済みました。
まあ、僕は普通より風邪引きすぎなんですけどね。「やっちゃったよ…」と思ったらすぐ病院行ったのが効果あったみたいです。以前は無理して自力で治そうと我慢して悪化させちゃってたんですけどね。
思い出してみれば熱と咳で最悪のときに朝4時ころまで仕事した事があった気がする……(あ、涙が)

まあ、そんな嫌な思いでは箱に詰めて海に沈めてしまうとして、今年は本をほんとに(シャレではないです)読むようになりました。
スタートはパソコンが使えなかった時の時間つぶしだったんですけどね。
小説の資料として買っておこうみたいな感じでブックオフでやっすい百円ものを買ってたりしてたんですけど、年末の今では新刊も思い切りよく購入してしまいます。
とにかく去年までの読書比率と対比すると1対20の割合くらい。なんとゆーか、おかしいぞ!俺
信じられませんが規模が大きくて書籍が充実した本屋さんに行くのが楽しくてしかたないです。(絶対、おかしいぞ、俺!)

傾向としては歴史系が好きみたいです。
ディスカバやナショジオ、ヒスチャンで歴史ものなんか放送してるとつい食いついちゃいます。
多分、ご飯三杯いけます(あ、ミニタリー系も)。
三国史を扱ったコミック「蒼天航路」が好きだったので中国からスタートし、そこから中東→エジプト→ヨーロッパ→現在、北欧に辿り着きました。
歴史だけではなく怪しいネタも多いんで、ぶっちゃけ偏ってるかも。
魔女とか秘密結社とか陰謀ネタとか……

今、読んでるのはケルト神話系
ギリシャやエジプト系より一般的ではない分、自分的には、なんか新鮮で。
いまさらなんですけど「ロード・オブ・ザ・リング」の登場人物の設定理由も、「そうなのか」と納得。
神話や伝説は歴史と深い関わりがあって、当時の政治的や価値観が形を変えて残ってるものだと思い始めてます。
ちなみに北欧神話のエンディングはキリスト教徒によって変えられてます。
(ラグナロク後にアダムとイヴ的な人間が現れた事にしてしまった)
また妖精というのが面白くて全てはキリスト教以前からあったもので、行動が日本の妖怪的で種類も豊富で……
長くなりそうなのでこの話は別の機会に。
(多分、古本屋で水木しげる先生のイラスト入りの妖精紹介本を狩ってきてしまった影響です)


……まあ、好奇心でいろいろとネタを溜め込んでるんですが物語に生かせたらなんて思ってます。
というわけでよいお年を♪



サンタさんへ

サンタさん。
良い子にしてましたから靴下の中楽しみにしてます。
「プレデターズ」のDVD(スペシャルエディションの方で)とARIA ASIAのCDとライヴDVDを入れてくれたら最高に嬉しいです。
あとPS3も入ってたらさらに幸せです。
よろしくお願いします。


と、自分勝手な夢は置いといて
キリストの誕生を祝うイベントなのですが、サンタさんは他の宗教が主流になってる国(日本も含め)もサンタクロースだけは受け入れられるという話です。なんとなく分かる気がします。
さて12月25日キリストの誕生を祝う日ですが、最近の研究ではキリストの生まれたのは4月17日という説があります。
さらにはキリストの生誕をスタートとした西暦は6世紀のローマで歴代の皇帝の記録を元に設定されたのでが"0"の概念が曖昧だった事から"0"をカウントし、さらには名前を変えた皇帝を別人だと勘違いして計算した事から実際は4年ほど西暦が、ずれてるそうです。生誕を西暦の始まりという定義からすると実際は今年は西暦2006年という事になるんですけどね。
信じるか信じないかはあなた次第……


でも、桜散る春のクリスマスというのも意外といいかもね

海賊王に……なれるのか?

人それぞれ地獄はあるものだが、奴はまだ悪魔にウインクしてないぜ
                                フランク・キャンパー



 正確には病気の息子の為に傭兵になったある隊員について別の人間が言った「人それぞれ……」という言葉に対してフランク・キャンパーが言った言葉。前の言葉に対して大きく意味を持つので、一つの言葉にしちゃってますけど本当はキャンパーが言ったのは後半の「奴はまだ悪魔に……」の部分です。
 彼は、その世界では名の知れた傭兵です。


 話は変わりますが、普段あまりテレビは観ない自分ですがスイッチを付けてみたらあら、「ワンピース」。
劇場版が放送してたのですが、ちょっと観るだけのつもりが結局、最後まで観てしまいました。
 ナミさん、よかったです
 エンディングのやつが最高ですね。
 その流れで「ワンピース」の59、60巻読んでしまいました。
 エース~! 白ひげ~! シャンクス~!
 僕、60巻の真ん中あたりで泣いてました

 で、なんで最初の話からワンピースにつながるかというと、ワンピースのキャラたちって明るい言動とユーモラスな容姿とは裏腹に辛い過去を持つキャラがなんと多いと思いません?
 それに立ち向かう強さに共感したりしないですか?
 ルフィーとエースたちの子供時代のエピソードを読んでふと思ってりしました。

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)
(2010/11/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る


 そして夢を叶えるには強い信念を持ち続けるべきだとルフィーやいろんなキャラたちが語ってくれてる気がして仕方がありません。


 僕もがんばろ いろいろ……と。





 あ、お気に入りはハンコック様でございます
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。