スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フーファイターの語源はマンガ

 戦時中、戦闘機のパイロットたちが遭遇したUFOは"フーファイター"呼ばれ警戒されました。
 地球外の知的生命体の乗り物という発想がなかった時代です。
 その語源となるのは実は漫画の主人公のセリフ。
 消防士を主人公にしたアメリカのマンガ「スモーキー・ストーバー」のせりふである "Where there's foo, there'sfire" の "foo"と"fire." からFoo Fighter と呼ばれるようになったんだとか。
 なんで未確認飛行物体で漫画のセリフが発想なんだってハナシですが、空飛ぶ発光体と遭遇する事を、火事の火を見つけた時のシュチエーションと、ひっかけていたのかもしれませんね。


 実は最近PS3を購入。
 ん? これってブルーレイみれるじゃん♪
 さっそく「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のブルーレイ買ってきました。
 劇場も観に行ったんですけど、結構好きな映画です。
(退却! くそったれ!)
 手持ちの資料を探したら、ありました、「ロサンゼルスの戦い」事件。
 というわけで今回はその関連のネタを書く事にします。

世界侵略:ロサンゼルス決戦 [DVD]世界侵略:ロサンゼルス決戦 [DVD]
(2011/12/21)
アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス 他

商品詳細を見る



 「ロサンゼルスの戦い」とは?

 事件は、第二次世界大戦中に起きた。
 多くの目撃者もあり、当初は日本軍の攻撃と言われた。だが、調査が進むうちに事件の異常さが浮き彫りにされていく。
 ことの起こりは、1942年2月25日
 カリフォルニア州ロサンゼルス上空に発光する多数の飛行物体が出現した。
 飛行物体は15機程度。陸軍の防空隊は対空砲火を開始した。
 午前3時12分から4時15分まで対空砲火行う。使用した弾薬は1430発。全てが目標に当たる事はなかった。物体は最大時速約322kmの速度で飛行。しかしスピードは不規則で当時の航空機としては不自然な飛行状態であった。
 翌日のロサンゼルス・タイムスは「日本軍機の攻撃ではないか」と飛行物体の写真入りで報道した。
 陸軍参謀長G・C・マーシャルは大統領に事件の報告書を提出。その目的は自軍の対空砲火台の位置特定が目的であるとしている。速度が遅い事については性能的に低い民間機を使用していた結果であるとした。
 だがこの報告書には疑問点がいくつか残る。レーダーに捕捉されず、無音。1430発の対空砲弾を低速の"ただの民間機"に一発も当たらなかったという事実だ。

 そして、それ以外にも目撃される"謎の飛行物体"について1947年、アメリカ空軍司令官トワイニング中将は調査報告書を陸軍ジョージ・シュルゲン准将に宛てた。それによると"空軍に所属する航空機"ではないことを前置きし、目撃される飛行物体は自然現象ではなく人工的に作られた航空機でると見解。その様な航空機を製造するには膨大な資金と時間が必要で、なおかつ合衆国より進んだ技術を要する国が存在する可能性がある、という事だった。
 この報告書はアメリカの国立公文書館に実際に残っている。
 
 これが通称ロサンゼルスの闘いのあらましだ。
 正体は気球との説もあるものの、気球が編隊を、しかも夜間に組めるものなのか? なおかつ、遅い速度と大きさ的に対空砲火の影響を受けずに飛行できるのか?
 尚、似たように多くの目撃者を出したUFO目撃事件に1997年3月13日に起きた「フェニックスの怪光」事件がある。
<当時のニュース映像>


 正体は通常より低空で投下された照明弾であるという見解だ。だが、物体は夕方6時過ぎから午後11時くらいまで目撃されていた。照明弾というものが、それほど長い時間、風の影響を受けずに滞空し燃焼されるものなのだろうか? 映像を見る限り、等間隔で編隊を組んでいるように見える。ちなみにウェキペディアには照明弾の燃焼時間は70秒程度とされている。
 一方、この物体の正体は軍の秘密兵器だという者もいる。物体は、巨大な外骨格飛行船だというのだ。
 ごく最近にアメリカ空軍が地上の戦闘状況を把握する移動基地として外骨格飛行船の計画を発表しているのだが……
 
 こちらはアメリカとドイツが共同開発中のX-31
 従来の航空機らしからぬ不思議な動きができる。
 

"ロサンゼルスの戦い"を元にしたという「世界戦略:ロサンゼルス決戦」

"ロサンゼルスの戦い"を元にしたという「世界戦略:ロサンゼルス決戦」
 予告編では事件の事が語られるものの、本編のストーリーにはあまり関係はない。
 エイリアンとの戦いを描くのSFモノというより、戦争映画だ。監督は「ブラックホークダウン」を意識して撮った。
 ただ単に戦争映画というだけでなく、困難に立ち向かう人たちの姿を描いている。

スポンサーサイト

ジェームズ・ボンドという小惑星がある

 マジです。
 1983年にチェコの天文台で発見された小惑星で本当にあります。
 発見した星の命名はなんでもアリなんですね。

 ジェームズ・ボンドといえば「殺しの許可証」を持つ男。
 出版当時は"殺人許可証"という設定もフィクションとしてはインパクトがあったかもしれませんが、今では諜報部の暗躍が公然の秘密とされてますよね。公にされてないけど、裏では信じられない事してんだろ?みたいな。
 そういったフィクションが作られるには実は、理由があります。

 アメリカの諜報機関CIAには「殺人テキスト」なるものが存在します。
洗脳実験の作戦「MKウルトラ」に関係した科学者が不自然な転落死をした科学者の遺族が裁判を起こそうとした際、遺族側の弁護団から証拠としてCIAの「殺人テキスト」が提出される筈でした。
 これはCIA工作員用に疑われない殺人の方法が多数書かれていて、そのひとつの方法が転落死した科学者の死亡状況に酷似しているというものでした。
 結局、遺族側と政府が和解して裁判は行わませんでした。この事により活動を海外に限定されていたCIAが国内の人間の暗殺に関わった事実が曖昧になり、CIA関係者が公の場に引っ張り出される事からは回避する事ができました。しかし遺族に支払われた高額の和解金と当時の大統領ニクソンが遺族に謝罪した事により、政府はCIAの関与を暗に認めた事となります。
 博士は、当時、科学兵器の開発で陸軍兵士を実験台にしている事を告発するつもりであったと言われています。
 死亡した博士が関わっていた「MKウルトラ」作戦は、洗脳に使えるとして開発されたばかりの合成麻薬LSDの効果を研究するものでもありました。(博士は転落の際、実はこのLSDを飲まされたらしい)現在では麻薬とされているLSDですが、開発当時は効果が未知数で後遺症もよくわかっていませんでした。販売元のスイスの薬品会社の最大の顧客はCIAだったと言われています。
さらにはLSDの効果を研究する為に、売春婦やその客、浮浪者にLSDを与えて実験してたとされています。
 こういったCIAの心理操作や洗脳の実験は根が深く、有名な連続爆破犯「サイレント・ボマー」も生みだした原因にもなってるんだとか。
 浦沢直樹先生の「MONSTER」も決して無から生まれたフィクションではないのです。(…長くなるのでこのネタはまた別の機会に)

 似たような陰謀説やフィクションを他にも聞いた事がありませんか?
 上記で語ったこういったダークサイドな下地があるから、きっとアメリカでは政府陰謀説が盛んに噂されるんではないでしょうか。
 マット・デイモン主演で映画にもなったサスペンス小説「ジェイソン・ボーン」シリーズは、まさにこの洗脳実験を題材にしたストーリーです。
 ハリウッド映画や小説でCIAがバックアップして違法な実験がストーリーの基になるのはサスペンスモノのパターンのひとつですが、実際、民間企業や科学者へCIAや軍が資金提供する事は多々ある事。小説ではスティーブ・キング「ファイヤー・スターター」がまさにそうですね。
 現在では生活に欠かせないコンピュータですが、開発の経緯で弾道計算の為に資金提供したのが軍であったという噂があります。
 他にも、日本の某有名新聞社の創設にCIAが資金提供したとか、ある外資系大手保険会社のはCIAの隠れ蓑として設立されたのが始まりだったとか……。
 会社に監査のシステムがあるように国にも政府が隠し事ができないようにする「情報公開請求」のシステムがあるのですが、民間企業に対しては営業利益に関係する為、適応されません。CIAや軍が民間企業への投資や委託というのは秘密作戦の逃げ道として最適なのかもしれません。

 いつか小説の小ネタにしてやろーと怪しい情報をまだまだストックしてあります。
 ある意味、情報部的なカンジ(?)です。
 応募用の作品ちょっと息詰まりました……頭、混乱してきたので、息抜きにちょっと長めに書いてしまいました

大統領と秘密結社

アメリカ初の黒人大統領であるオバマ氏が大統領に就任しました。
アーノルド・パーマーみたいだ!(絶対、ドラマの影響あったと思うな)

さて歴代のアメリカ大統領にはある謎の秘密結社に関わっている人が何人かいます。
それはハローグッバイの関さんの言う有名なフリーメーソン・・・ではなく
髑髏を紋章とした謎の秘密結社"スカル アンド ボーンズ"。
名門エリート大学のサークルが発端の様ですが、ここで契られた契約は卒業後も続き、そのメンバーたちは政治家、経済界、と政府の中枢に深く関わっています。
歴代大統領の何人かはメンバーだったようです。
以前、某テレビ局が取材しようとして断られた経緯があり、その秘密結社を題材として「スカルズ」のタイトルで映画化もされました。


信じるか信じないかはあなた次第。

今日もクリスマスのネタで

今日もクリスマスのネタです。
以前、「キリストの誕生日は本当は4月だった」というのを書いた事がありました。
(12月24日はキリストの誕生した日ではなくペルシャから出発した三人の賢者がエルサレムに到着した日)
今回は西暦の事。
西暦はキリストの生誕をスタートとしていますが、実はそれが間違ってカウントしているというのです。


Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。