スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマトはっしん

先週だったか「スペースバトルシップ ヤマト」のプロモの一環で自衛艦”ひゅうが”へのキムタク訪問を放送していた。
ミニタリー好きな僕としてはちょっとワクワクしてしまいました^^
護衛艦という名前がついてるとはいえアメリカだったら強襲揚陸艦の部類に近い船。
似たタイプにワスプ級がありますが、それより大きさが3割ほど小さいにしろヘリが4機しか搭載しないのは少なすぎ?(最大11機搭載できるそうですが)
「ひゅうが」200m弱でヘリ4~11機
「ワスプ級」260m弱でヘリ40機くらい?
なんか計算おかしい気がします。

まあそれはさておいて
ヤマトですが旧日本海軍の戦艦であった”大和”をモデルとしているのは周知の事実。
実は、この大和、”超大和”、”大和 改" 建造の計画もあったのはあんまり知られてないかと思います。
カタカナで書くと”超ヤマト”なんて原作者のひとりである松本零二先生の作品に出てきそうなカンジ。
超ヤマトは、当時世界最大の戦艦だった大和をさらに大きくした型を建造しようとした計画。ヤマト改は、大和型の船体に主砲の口径を大きなものを取り付けようとした計画だったらしいのです。
しかし、戦局の変化と空母戦力への移行でこの計画は実現する事はなかったわけですが、もし太平洋戦争が起きなければ、もしかしたら旗艦として世界最大の戦艦”超大和”が存在していたかもしれません。
大和を建造の際は完全極秘プロジェクトで巨大なパーツを作っている人たちに図面の一部しか見れず、自分たちが一体何を作っているのか分からなかったんだとか。
歴史の”if”は、かわぐちかいじ「ジパング」などで描かれていたりしていますが、巨大戦艦の実用性はともかく日本の技術力とアイデアはすごかったんだなと思ったりするのです。

ディスカバリーチャンネル イージス艦健造 [DVD]ディスカバリーチャンネル イージス艦健造 [DVD]
(2005/07/29)
不明

商品詳細を見る

何億ドル掛けていようが、最新装備をしていようが、結局のところ造船に関わる職人さんの腕が重要なのだ!
ミサイル搬入は補充というより工事といった方がいいです。建造系の好きな人にオススメ。



ということでヤマト観にいきたいです。
監督が山崎貴さん。僕にとっては「3丁目の・・・」より「リターナー」を撮った監督さんという印象の方が強い人。
それに 黒田メイサ、実はファンです。

Returner リターナーReturner リターナー
(2002/08)
山崎 貴

商品詳細を見る

”アルデンテ”のエピソードが好き
岸谷五郎さんのキレた悪役っぷりが素敵でした。
スポンサーサイト

サイレントイーグルの記事の訳を訳してみた

世界最強といわれたF-15のニューバージョンF-15SE” サイレント・イーグル"が公開されました。(ネタ的には古いですが)
F22の海外輸出が禁止され需要の制限をされたボーイング社がF22の様な第5世代ジェット戦闘機が欲しい海外ユーザーをターゲットにしているのは間違いなくステルス性も向上させて最新機。
そこでボーイングのプレスリリースをネットで翻訳。でも日本語的に変なので自分で改訂してみました。
これが意外と難しいです。映画の吹き替えと字幕では微妙に違ってたりしますけど……なんか分かります。
原文から訳す翻訳家の方はすごいです。


というわけでやてみたのがこちらです


ボーイング新しい F-15であるF-15SE の内容を発表
(セントルイス、2009 年 3 月 17 日 - ボーイング当社にて)
セントルイスの我がボーイング社で今日、海外のお客様のニーズを満たすよう設計された新しい F-15 の概要を発表します。
F-15SE-MSF09-0028-259_lg.jpg
F-15 サイレント イーグル (F-15SE)

サイレントイーグルについてボーイング社のマーク バス、F-15 プログラム担当副社長はこの様に話す。
「F-15 サイレント・イーグルは、低コストでのステルス技術と大量かつ多様な武器の搭載量、そして国際的な顧客の予想される必要性を満たすように設計されています。革新的なサイレント・イーグルは、長期運用のニーズを満たすように設計、バランスのとれた手頃な価格で販売していきます。
機体に特殊なコーティングを施しステルスに改良しました。 再設計された共形燃料タンク (CFTs) で機体内部に余裕ができたという利点を活かし武器を収納させています。ボーイング社の魅力的な戦闘機サイレント・イーグルは世界のユーザー様方の要望にを満たすことでしょう」
F-15SE-2-MSF09-0028-193_lg.jpg

「特定のミッションに応じて、お客様は、武器を内部へ収納するか、従来どおりの機体外部へ装着するに変更するかどちらでも使用可能です。サイレント・イーグルは、空対空ミサイル、共同の電子誘導爆弾 (JDAM) と小径爆弾 (SDB) などの AIM-9 と AIM-120 と対空、対地用武器を内部ウェポンベイドで運用できます。これらの武器装備は従来のF15のバージョンにも使用が可能です。
機体の垂直尾空力の効率を向上させる構造にし機体重量を削減せました。 これは、空力向上、デジタル戦闘コントロール、航空機の信頼性が向上し、機体重量の軽減システムです。
生存性の強化、BAES デジタル電子戦システム (レイセオン Advanced 電子スキャン Array (AESA) は、レーダーと連携作業 DEWS) などがあります。
ボーイングの計画ではすでにプロトタイプ完成させ、実際のミサイル発射を含む 2010 年の第 1 四半期でプロトタイプで模擬戦テストを行う予定です。
国際航空宇宙のパートナーとの共同プロジェクトとして、設計、開発、およびテストのこの内部キャリッジ システムを利用できます。


ボーイング統合防衛システムは世界最大規模で革新的な機能を重視したお客様向けソリューション、および世界最大かつ最も多彩なメーカーの軍用機専門防衛企業の 1 つです。 セントルイスに本社を置く、ボーイング統合防衛システムは 32 億ドルのビジネスを行い世界中にで70, 000人の従業員のいる会社です。


---------------------------------------------

ネットの翻訳ロボットで訳した文はこちら

ボーイング新しい国際 F-15 設定--を発表、F-15SE

フォト リリースを参照するには、[イメージ] をクリックします。
これらのイメージ編集ニュース メディア上では利用できます: boeingmedia.com セントルイス、2009 年 3 月 17 日 - ボーイング当社 [NYSE: BA] セントルイスの今日、F-15 サイレント イーグル (F-15SE)、海外のお客様のニーズを満たすよう設計された新しい F-15 構成を発表しました。
「F-15 サイレント鷲コスト ・ パフォーマンスのステルス技術と大規模で多様な武器のペイロード、国際的な顧客の予想される必要を満たすように設計されています"マーク バス、F-15 プログラム担当副社長のボーイングと述べた。 革新的なサイレント鷲将来の生存のニーズを満たすように設計、バランスのとれた、手頃な価格のアプローチです」。
ステルスの改善には、コーティング、航空機でのトリートメントなどがあります。 再設計された共形燃料タンク (CFTs) の追加の利点を内部の武器の運送をサイレント鷲は非常に魅力的な戦闘機ボーイングの国際的な顧客になることを許可します。
特定のミッションに応じて、お客様は、内部の運送を設計されているか、伝統的な CFTs 最適な燃料容量と外部の武器の運送をバックに変更、CFTs を使用できます。 サイレント鷲空対空ミサイル、共同の直接攻撃爆弾 (JDAM) と小径爆弾 (SDB) などの AIM-9 と AIM-120 と空気とグランドの武器などを内部で実行することができます。 F-15 の現在のバージョンで使用される標準の武器負荷インストール、従来の CFTs で利用可能です。
航空機の canted 垂直尾空力の効率を向上させる、リフト、提供し、機体重量を削減します。 別の空力向上、デジタル Flight コントロール、航空機の信頼性が向上し、機体重量の軽減システムです。
生存の改善、BAES デジタル電子戦システム (レイセオン Advanced 電子スキャン Array (AESA) は、レーダーと連携作業 DEWS) などがあります。
ボーイング、鋼管内部キャリッジ概念の概念プロトタイプを完了し、ライブのミサイル発射を含む 2010 年の第 1 四半期でプロトタイプを flight-test する計画。
国際航空宇宙のパートナーとの共同プロジェクトとして、設計、開発、およびテストのこの内部キャリッジ システムを利用できます。

そして原文はこちら

ボーイングのF-15SEプレスリリース

日本のFX(次期主力戦闘機)の候補もF22、F35やユーロファイターよりもずっと現実的です。
最初F-15SEの型番を見た時、SEの意味はスーパーイーグルだと思いました。"サイレントイーグル"なんですね。
ステルスを強調してるって事でしょうけど。

ネットの広告ってどういう基準で表示されるの?

無料のブログやホームページを利用するのに付き物なのが広告です。
ブログに表示される広告で気がついたのは、書きこんだ記事内容に近いジャンルの広告が表示されてる事。
たとえばDVDについて書くとDVDレンタル業者の広告などが出るわけで、まあ、僕なんかはミニタリー系の事が内容にないっていたりする時もあるわけですが、最近こんな広告もついてました。

警護訓練 ボディーガード訓練 警備 警護のプロフェッショナル
外国の会社が日本でサービスを展開している様ですが、いい資料になるのでさらっと目を通してみました。

さて民間軍事警備会社の事について書いた事が少し前にありましたけど、それを基準に広告表示に選んだのでしょうか?
そういうのはプログラムソフトで選定しているのか、人が選定しているのか分かりませんけど、仕組みが知りたいです。
本当か嘘かNSAが60年代から全米の電話で会話される特定のキーワードを選定して(爆破とか暗殺など)盗聴記録するシステムがあるとか。
エネミー・オブ・アメリカ 特別版 [DVD]エネミー・オブ・アメリカ 特別版 [DVD]
(2006/01/25)
ウィル・スミスジーン・ハックマン

商品詳細を見る

この映画では元NSA局員の男が全米での全電話回線から特定のキーワードの通話を盗聴するシステムの開発に自分が関わったのだと語っています。

ホワイトハウスの陰謀 [DVD]ホワイトハウスの陰謀 [DVD]
(1999/02/17)
ウェズリー・スナイプスダイアン・レイン

商品詳細を見る

この映画ではシークレットサービスが全米の電話回線で大統領の危険に関わるキーワードに関する会話を盗聴監視しているエージェントがさらっと話してます。

エシュロン -対NSA網侵入作戦- [DVD]エシュロン -対NSA網侵入作戦- [DVD]
(2008/06/04)
マイケル・パークスマヤ・サンサ

商品詳細を見る

この映画はまさにその監視システムを題材にしたもの。レンタル屋さんで見かけるかびに気になっているですけどまだ借りてません。

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
(2009/11/18)
レオナルド・ディカプリオラッセル・クロウ

商品詳細を見る

この映画ではEメールや通話を監視する高度なシステムを擁するアメリカの諜報機関に対してテロリストは昔ながらの暗号を記した紙や合図で連絡を取り合い対抗しているのだとさらっと語られてます。
ちなみに共演しているディカブリオとラッセル・クロウはサム・ライミ監督監督のウエスタン映画「クイック&デッド」で既に共演済み。
クイック&デッド<Hi-Bit Edition> [DVD]クイック&デッド [DVD]
(2003/12/17)
シャロン・ストーンラッセル・クロウ

商品詳細を見る

主人公は女ガンマンのシャロン・ストーンですが、ラッセル・クロウのガンさばきが中々かっこよかったです(終盤まで見せませんが)。あと街を仕切る悪党(ジーン・ハックマン)のロングコート用心棒のウィンチェスターライフルさばきがカッコよかったです。

話はそれましたが意外と短いキーワードを選択して監視するシステムは簡単に作れそうな感じです(規模は別ですけど)
上のDVDリストのネタにあるような監視システムが実際存在しているのかは公にされていないですが、エンシュロンと称される多国籍で構成されたネットや通話を対象とした諜報監視網が存在しているのはどうやら事実らしく関係本もいくつか出版されてます。

この記事もどういう基準で選別されるんでしょうか?


この記事を書いてる時、エラーが頻発してクロウしましたが……ハッ! もしかして陰謀!(…妄想です)

近未来設定のストーリーに使うアイテム

近未来設定のアクションものを書く時、キャラクターに持たせる銃器は決めてそれを思い描きながら書き進めてます。
近未来アクション系は今まで3つほど書きましたけど現在進行形なのは「ハードリスクラン」。
交流のある交流小説サイト「マクスウェル」のリコさんの書いている「GUARDIAN Bullet」に登場させるキャラとして設定したキャラのスピンオフ版。
その「ハードリスクラン」では敵役"クラウン"たちに持たせていたのはG36
G36K.jpg
写真はG36K
様々なバージョンがあってパーツの組み合わせで重機関銃、サブマシンガン、アサルトライフルの用途に対応できるのが特徴。最近のアクション映画で頻繁に登場してます。
原案となっているリコさんの設定は今からおよそ70年後。第二次関東大震災後の東京のお話。
半世紀以上先のストーリーには、どんなタイプがそれに合っているのでしょう?
よく映画で登場するのM16(民間向けはAR16という名称)は誕生から約50年。バージョンも増え、銃身を短くしたM4として進化し続ける事を考えるとG36も十分アリです。
さらに可能性を探るとタブールAR21がありました。

2007年から登場したこのライフルはサブマシンガンの取り回し易さとM16の威力を目指した最新式。ライフルの威力は銃身の長さによりますがAR21は銃身を本体に入れる事によって威力を確保したままコンパクトさを実現しています。今後、多くの特殊部隊が採用していく事でしょう。
タボールAR21(TAR-21)②
面白いのは配備は2007年なのに2004年公開の映画「バイオハザード2アポカリプス」に既に登場。
バイオハザード2
アンブレラの傭兵部隊が使用してました。

さらに可能性を追えば次期米軍採用予定のはずだった「XM-8」(採用は延期された)
XM8.jpg
今のところ採用している所は無い様ですが2005年公開の映画「トリプルXネクストレベル」でNSAの秘密施設を強襲した謎の特殊部隊が使用。
トリプルXネクストレベル

ちなみに登場人物ミッシェル・ウォンの最初の設定はHK MP-7を愛用(ハードリスクランではまだ登場させていないけど)。
HK.jpg
最初、かつてはPDWという名称でしたが現在ではMP-7が正式名称と変更されてます。ユーチューブの映像ではヘルメットを僅かに貫通させてました。強力であるのは間違いなし。
ステルス-MP-7
映画「ステルス」で登場。

ハリウッドのアクション映画はSF系、ホラー系にしても現代または近未来設定の物が多いので常に最新の銃器が登場してきます。小道具を揃える専門家は長年のコネクションと銃器のプロとしての知識から常に最新式を調達できるんでしょう。
次にSF映画に未来のライフルとして登場しているのは下の様なタイプですが、皆、実際のライフルを改造して小道具にしてます。形状にリアリティがあるのはその為かも。
スターシップトゥルーパーズのライフル
スターシップトゥルーパーズで機動歩兵が使用しているM4 Morita。どんだけ撃てるんだ?ってくらい弾数が多いが凶暴で巨大なバグズには苦戦。
エイリアン2のライフル
「エイリアン2」で宇宙海兵隊(連邦植民地海兵隊が正式名称らしい)のM-41Aパルス・ライフル。弾数がデジタル表示でカウントされる。こっちもめちゃくちゃ弾数があるのだ!

ある映画ではガンコーディネーターがキャラによって使わせる銃を選んでました。
衣装と同じくそれだけ多彩と個性があるってことなんでしょうね。

いちばん好きな戦闘機

『インディペンデンスデイ』という映画で気にいってしまったんですけど、F-18が好きです。
アメリカ海軍機で戦闘機(ドッグファイト)と攻撃機(地上と艦上攻撃)を兼ねます。
同じく映画で有名になったF-14は戦闘専用機で(地上攻撃もできるC型も存在しているらしい)の後継機にあたり愛称は"ホーネット"。
スリムで余分な部分を削ぎ落とした様なスタイリングが好きなんですよねー。
映画でのCG機体はよく目にしてたんですが最近、実際映像を手に入れました。
違う!
やっぱり本物は重みがあります。

で、最近気になっているのは映画『トランスフォーマー」でも登場しいたF-22ラプター
最初見たときはステルス重視の機体がなんか、のべ~っとしていてかっこよくみえなかったです。でも映画なんかで見てると段々カッコよく見えてきて(あら?)。
『トランスフォーマー』の監督の音声解説で「ダイハード4.0でも登場してるんだよね~」みたいなことを言ってましたがあれはF-35だぞ、マイケル・ベイ。

以前、イラストをおこしたときには資料をあんまりもってなくてイラストを描いている時もなんの部分なのか分からず描いてました。(一応、イラストを描くときは架空でも実物模写も機能を思い描いて絵にしてくので)

最近、謎だったヶ所がフライ・バイ・ワイヤシステム関係の部分だと判明。
これはF-16以降装備されている装置でコンピューターで空気抵抗の微調整を行なえるそうです。これによって安定飛行が無理めなフォルムな機体も飛べるそうです。



というわけで好きな戦闘機の順位は
F-18F/Aホーネット(インディペンデンスデイ、ザ・ロックとかに登場。ちにかく映画登場最多かも。確か『24』のシーズン4にも登場してます)
F-22ラプター(トランスフォーマーとかに登場)
F-2(亡国のイージスとかに登場。F-16のアレンジ機で三菱製の空自機。翼形状がちょっと違うらしい)
F-16ファイティングファルコン(アイアンイーグルとかに登場)
Su-35フランカーE(ステルスとかに登場。機首付近についているカナード翼がカッコイイ♪)
F-14トムキャット(トップガンとかに登場。オリジナル版トランスフォーマーのスタースクリームはたぶんこれをアレンジしていると思う)
A-10サンダーボルトⅡ(トランスフォーマー、ジャーヘッドとかに登場。旧世代機のはずなのに古いのか新しいのか分からない独創的な機体に目がハートマークです)
AV-8シーハリヤー(トゥルーライズ、バトルフィールド・アース、リターナーとかに登場。リターナーでは異星人のトランスフォームしてます(こちらの方が早い!)。CG的には中々良。監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴さん)
F-15イーグル(エアフォース・ワン、ゴジラシリーズ)
Su-27フランカー(登場してる映画は不明。Su-35のカナード翼を外したような形状。個人的には米軍機のF-16とF-18をミックスした印象を持ってます)
ミラージュ2000(ナイト・オブ・スカイに登場。フランス独特なデルタ翼。一旦はデルタ翼機の開発は途絶えていたもののフライバイワイヤの登場で再び開発された機体。ヨーロッパ機は好みではなかったけれどナイト・オブ・スカイという映画を見て気に入りました♪ 監督は「TAXI」シリーズの人)


とまあこんな感じです。
戦闘機を語らしたら多分、止まらないです。
じつわ。

実物ははじめて見ました。

こんな形状でも飛ぶんだぁ~


ロシアのSu-47
まるでSF映画に出てくるような機体です。
なんか不思議。
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。