スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな仮面ライダーもあり?

ウルトラマンは海外で制作されたことがあるのに仮面ライダーは今までなかったんですよね。
が!
今回、ついに仮面ライダーが海外で制作されました。
「仮面ライダー龍騎」のリメイク。その名も「仮面ライダードラゴンナイト」
設定とキャラは、ほぼ同じみたいです。
日本語吹き替えはオリジナルの龍騎を演じた俳優さんが担当。その他のキャラも平成ライダーシリーズに出演した俳優さんが吹き替えです。
マスクド・ライダーじゃなくて「Kamen Rider」というのがいいっす!
オリジナル同様、出演者多いみたいです(龍騎は平成ライダーシリーズ中、ライダーが最多登場する)



製作費が20億円ってのが一瞬すごいと思いましたが・・・純粋な製作費じゃなくて元映像の利用料と「仮面ライダー」の名前のライセンス料を含んでいるんじゃないでしょうか?
過去に戦隊シリーズが「パワーレンジャー」として海外で制作されてますが、"KAMEN RIDER"も全米でヒットしてくれればいいのに!
平成ライダーシリーズは「響鬼」でハマって「電王」と「ディケイド」は結構気に入って見てたんですけど「龍騎」は見たことないです。
でも、リメイク版は楽しみ。
これをきっかけにオリジナルの「龍騎」を配信かDVD借りて観てみよっかなーって思ってます。

……まずは東映チャンネルでの配信が10月から。

ホームページはこちら↓
KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT
スポンサーサイト

通りすがりの仮面ライダーさ

現在放送中の「仮面ライダーディケイド」観ました。
仮面ライダーシリーズは響鬼がすごく気に入っていて過去のライダーたちが登場するという事で
「あっ響鬼も見れるんだ」みたいな感じで楽しみにしてます。
全部を知ってるわけじゃないですが「電王」と「カブト」は気に入ってます。
「カブト」は地獄兄弟が最高に好きでした。ぶっちゃけこの2人理解不能でした。最初から見ていないというのを差っ引いてもわけわからなかったです。
でもそこが好き。
ストーリーも大まかにしか分かってなかったですが、下敷きにはスティーブ・キングの映画版「ドリームキャッチャー」をしてるのかなと深読みしてました。
「電王」は、分かりやすい展開の中に思い出という優しい記憶を必ず盛り込むストーリーが気に入っていて、イマジンたちの笑える演技も好きでした。

「響鬼」は、あるサイトさんで放送されたお話をほぼリアルタイムでパロディマンガ化されていてそれで興味を持ったんですが(その時はパロディではなくホントだと思っていた)初めて見た時、そのセリフの言い回しにびっくりで、観た事のある人は分かると思いますが、ドラマ用のセリフを極力避けてリアルな会話の言葉を選んで使っているのですよね。それがとっても新鮮で一発で気に入ってしまいました。途中から大好きな「versus」というインディーズムービーの出演者がライダー役で出演してきたりして益々ハマって……
「響鬼」を語りだすと長くなるのでこの辺にしときます。

話を戻すと今、気に入っているのが「ディケイド」なんですが響鬼が登場する以外に気に入っている理由はこの彼↓
小次郎0329
一昨年に「風魔の小次郎」というドラマにハマりまして(メイキング映像入りのDVDを購入しようと思ったくらいハマっていた)、その時主役の小次郎を演じたのが今回クウガ役の村井良大さん。
明るいキャラが好感があって今後も活躍してほしいなと思っていたら仮面ライダーに出演。
初代クウガは知りませんが前向きで人の良すぎるこっちのクウガ好きです。
応援してますよー。


なんか話がまとまらないけど、最近のマイフェイバリットでした。

nakerude~!

グラビアに露出が増えている白鳥百合子さんの出演してる「仮面ライダー電王
今回はプロレス技を多発してます。最近、ちょっと暴力的になってる気はしますがツッコミは的確かつ上手くなってます。&ツッコまれるイマジンたちのショートコントも…ヤバっ!た、楽しみになってる!
ってゆーかイマジントリオ。動きが絶妙すぎますよ。チームワークいいです。もしかして中に入っているのは吉本の人?
各キャラの掛け合いが上手い。
実はしっかり作っているかも電王。
今回はガオウ初登場。渡辺裕之さんじゃないっすか!びっくり。
最年長ライダーというフレコミらしいですが、もうひとつライダー史上は、もっとも日焼けしたライダーという事です。

なんか楽しいっすよ、電王。

仮面ライダー新作

映画「仮面ライダー」の新作は三人目のライダーV3の登場らしいです。
1作目はあのハインツ英士がコブラ怪人として登場。純愛してました。
評判は芳しくなかった「仮面ライダーTHE FIRST」でしたが僕は意外と面白かったと思います。ショッカーの位置づけもコミックに忠実だし一文字隼人の過ぎたキザっぷりも面白かったかな。
戦闘員も「サイボーグ009」ベトナム編のサイボーグ兵っぽくて
バイクスタントには知ってる人は知ってる元GPライダーの名前もあったのにはちょっと感激。どうりで上手いはずだよ。かっこいばずだよ、乗り方。"ハルナ乗り"をして欲しかったよ。マジで。

裏的なことで楽しめたも「仮面ライダーTHE FIRST」
次回作はR指定になるそうです。

仮面ライダー THE FIRST 仮面ライダー THE FIRST
特撮(映像)、長石多可男 他 (2006/04/21)
東映

この商品の詳細を見る

カブト

怒涛の正月明けを向かえ土曜日って感じがしませんでした。
ウォーミングアップなしで全力疾走って感じで参りましたm(_ _)m

去年…とゆーかもう一昨年になってしまいますが「仮面ライダー響鬼」にハマった時期がありまして体調を崩す夏あたりまで子供のように早起きしてテレビ見てました。その後のエピソードはビデオに録ってあるれど結局見てない状態。エンディングはまだ知りません。

今では放送も「仮面ライダーカブト」(もうすぐ最終話だと思いますが…)になってます。途中から見たんですけど結構、面白いです!
隕石と共に飛来した謎の生命体ワーム。対抗するべく開発されたマスクドライダーシステム(仮面ライダー)を駆使する主人公たち。人間に擬態する敵ワームに人間派と敵対派があったりそれに対抗する秘密機関の存在…どことなくスティーブ・キングの「ドリーム・キャッチャー」をヒントにしてる?気がします。

主題歌がTRFなのも驚きでしたが敵役に"ジャパニーズカルトホラー女優"三輪ひとみさん(「発狂する唇」には目が点になりました…)が出演してたのも驚き。三輪さんの出番はすでに終わってしまいましたが、今度は自分が注目しているアクション俳優、坂口拓ちゃん(「SINOBI」では夜叉丸役で出演)が強敵として登場でまたびっくりです。
「響鬼」では松田賢二さん(「VERSUS」ではナイフ使いの凶悪ヤクザ役)が出演してきたのにも感激しましたが今回は坂口拓ちゃん。「VERSUS」つながりだ…と顔がほころんでしまうところに自分のマニアックさを認識しました。

でも一番、気にいったのは……
頂点と極める男、ぼっちゃま

増殖続ける地獄兄弟

特に坊ちゃま! Youは最高だ!
仮面ライダーカブト VOL.1 仮面ライダーカブト VOL.1
特撮(映像) (2006/08/04)
東映
この商品の詳細を見る

響鬼に出演してた斬鬼さんが好きです

昨日の続きです。
ほかのサイトさんがきっかけでハマった「仮面ライダー響鬼」ですがさらに深みにハマる事が…
斬鬼こと松田賢治さんの登場です。
僕は北村龍平監督の映画って好きなんですがメジャーになるきっかけの「VERSUS」に悪役で松田さん出演してました。
かなり印象に残っていたので仮面ライダーに出た時はびっくりでした。「響鬼」のロケ地って「VERSUS」のロケ場所と似んなーって思ったりして。でも似てるんですよ、実際。
松田さんには「VERSUS」のイメージが強かったので初めのうちは弟子の轟鬼がビビッてるように見えてしかたがなかったです。いい人の松田さんも超違和感ありまくりでした。
でも本当は冗談好きな気さくな人らしいです。
「響鬼」の放送でファンの人が急増したらしいですが(ホストっぽいという話も)これがきっかけにメジャーになってほしいです。
マジで。

「アライブ」という映画で突入する特殊部隊の隊長役で松田さんが出演してます。あっさりやられてしまいますけど……

テーマ: 仮面ライダー響鬼 - ジャンル: テレビ・ラジオ

静岡では響鬼は今日が最終回~!

「仮面ライダー響鬼」が最終回です。
東の伊豆方面、西の浜松なんかは東京や名古屋の放送電波が入るので2回目の最終回を迎えるのでしょうが僕のいる県庁所在地静岡市(一応、政令指定都市なのに)は今日が最終回の放送。
寂しいです。
録画した放送はもったいなくてまだ観てません。

今年の夏、調子を崩してからビデオに録画貯めするだけでまだ全然見てませんでした。
けど先週、ひさびさに早起きしたので(とゆーか朝帰りなんですけど)「響鬼」観ました。
皆、微妙に変ってるので驚鬼ました。
明日夢くんはあか抜けした髪型になってるし、モッチーもおしゃれになってる。何よりも轟鬼こと川口真吾さんが長髪になってるし!(これが一番驚いた)

思えば"響鬼"を知ったのは、あるサイトさんがきっかけです。絵日記で響鬼の放送があるごとにパロディ漫画を載せていたんですがそれが笑えて結構面白いんです。(漫画響鬼日記サイコー!)
で、オリジナルの方に興味が出て見始めました。それまではスポーツ新聞の芸能欄で細川茂樹さんが主演するくらいの認識しかなかったです。
初めて見て驚きました。セリフが!
普通、ドラマって見る側に意識させるために大げさに感情表現するじゃないですか。でも「響鬼」は徹底して自然な会話でのセリフを意識してた。びっくりでした。
以前、平成初代ライダーオダギリジョーさんがドキュメントで自主制作の映画でのセリフのことを話していて、「普段の会話ではドラマで使う言葉なんてほとんど使わない。普段の会話で出る言葉の方が面白いかもしれない」みたいなことをおっしゃっていました。
台本はニュアンスはすごく解るけどドラマのセリフとしては変でした(面白かったですけど)。
奇しくも「響鬼」のスタッフは平成仮面ライダー初期の方々なんですよねー。オダギリさんと交流があったのかわかりませんが初めて「響鬼」を見たときに思い出しました。

それからはもうハマりました。"「仮面ライダー響鬼」。
なにしろAmazonでムック本買っちゃうくらいでしたから。ありえないです、自分の中では。
ビデオに撮って見ればいいのに、その時は毎週早起きして見てました。

子供か!お前は!

心はね…
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。