スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウス・オブ・デッド

ゾンビ映画は好きなんだけど当たり外れがすごく多い。
それで何度失敗したことか…この映画は微妙です。
「バイオハザード」がヒットして急遽作られたといった感じ。
ゲームの方は知らないけどオープニングにゲームの映像にぼかしてはいるけど縦字の日本語のような文字が…日本製ゲームってこと?セガらしいけどこのゲームって知りません。

孤島に謎の研究という設定…海でのシーンから察するにお手本はイタリア製ゾンビ映画「サンゲリア」か?
いたるところで挿入されるゲームの映像はハッキリ言って余計です。監督はプロデューサーを兼ねてるというからセガへの営業サービスかもしれません。
お約束的に登場人物たちの無謀な行動、無駄なVFXが多いし最後の対決はカッコよくないです。

全体的な印象はゲームのプロモーション用の映画みたい。そこそこな人がそこそこに撮ったといった感じ。しかも時間もかけずに。エンディングはやっぱり「サンゲリア」がお手本っぽい。
北村龍平さんに撮り直してもらって手本を見せてやりたいです。

あんまし面白くなかったですが2回も見てしまったぼくって…

なぜかマーシャルアーツの使い手、東洋系女性キャラ、ルディが「ははは」でした(´▽`)。
20050815190609.jpg

スポンサーサイト

テーマ: DVDで見た映画 - ジャンル: 映画

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。