スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ空軍は毎年サンタを追跡している

1955年冷戦時、CONAD(米中央防空司令部)にかかってきた間違い電話が発端です。
当時の司令官シャウプ大佐は「サンタさんはどこから来るの?」という子供の間違い電話に対応。部下にサンタの現在位置を調べさせ子供に伝えたそうです。
いくらクリスマスとはいえ空にトナカイの引くソリは飛んでませんから、仮想敵機の追跡演習をそのまま応用した対応だと思いますが、無下に切ってしまわず、なおかつ職務らしい対応をしたのがなんとも人間的で好きなエピソードです。
もともと、地元のデパートのクリスマス企画で新聞に載せたサンタの直通電話の番号が間違ってCOMRADの番号になっていた事が原因だったのでその夜はその後も子供たちからの"問い合わせ"電話が入ったのすが、大佐はその度に"サンタの現在位置"を伝えました。
CONADはNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)と組織は代わり、日夜、核ミサイルと宇宙衛星の監視を続けていますが"サンタクロース"追跡の任務も引き継がれました。毎年、NORADが"サンタの現在位置"をサイトにアップさせてる筈なので興味のある方は覗いてみたら?

地球侵略:ロサンゼルス決戦」観てきました。
面白かったです。
登場人物たちの日常から徐々に異常事態になってく演出が好きです(こういった映画ではお約束ですが)
「バイオハザード」で特殊部隊を演じたミシェル・ロドリゲスも空軍兵士(パイロットではない)役で出演。
SFモノというより戦争映画といった感じですけど、苦難の状況でも立ち向かう人たちの姿をメインに描いてます。
登場人物たちにもいろいろ共感する部分多いです。
当然、銃撃戦やエイリアンの兵器や銃撃戦も緊迫しますけどね。(エイリアンの無人飛行兵器の推進力は多分"ライトクラフト"式)
何かを決意するとゆうか"ハラを決める"事は人生の分岐点でも重要な事だと思ってますが(結果はどうあれ)そういったシュチエーションをよく描いてます。人間の行動を左右するのは使命感なんですね。
だからナンツ二等軍曹の率いる部隊の雰囲気が変わるのは、それを自覚した時なんです。
劇中、頻繁に使われる海兵隊の決まり文句「退却NO!」も割と映画のメッセージを大きく含んでるんだな…と観終わって感じました。上映始まったばかりで細かい説明は自主規制ですが…最終の反撃部分のシーンも象徴的で好きでした。
監督は「黒の怨」(歯の妖精を題材にしたオカルトホラー)というホラー映画を撮った人だと後で知りましたが、あの映画は何故か気に入っていてDVDを持ってます。音声解説は創作の参考にしてました。
東北地震への配慮で公開を延期された作品ですが、映画評価は破壊や爆発シーンだけを強調すべきではないと思います。



「ブラックホークダウン」っぽい印象も受けましたが殺伐さだけではないメッセージ性を感じた映画でした。

退却NO! 常に忠誠を!

スポンサーサイト

犬も仕事が嫌だと動かない

同時多発テロで倒壊した世界貿易センタービルでの遺体捜索作業で探知犬(日本では警備犬と呼ぶらしい)が活躍したのですが、見つけるのは死体ばかり。
周りの人たちも気が滅入るのでしょうが、犬たちにもそれが伝わったのか、とうとう檻から出なくなってしまったんだとか。
そこで訓練士たちは仕事の最後に"生存者発見ごっこ"を始めました。
訓練士の一人がガレキの中に隠れてそれを犬が見つけたら褒めてやるというのを繰り返す。そうしてやる事で犬たちが鬱にならない様にケアしたそうです。
犬にも心があるという事ですね。

9・11の番組が多いです。
観ていると切なくなってきます。絶対、気が重くなるから避けてたんですが今日は、つい観てしまいました。

遺体の回収に関わった人たちや遺族の方たちの話を聞いていると本当に泣けてきます。
身元が分かったのは60%。多くはDNA鑑定に頼らなければならない状況だったとか。
陰謀説を唱えるDVDを作る為に撮影来ていた連中に警官が「遺族の人たちの事を考えろ!」と怒鳴りつけていました。
大切な家族の死を受け入れようとしている人たちに対して面白半分に刺激するなという事でしょう。
捜索作業に関わった人たちの映像を見ていると確かに警官が怒りだした意味がよく分かります。
なんというか……切ないです。
同時多発テロは、悲しい出来事でしたが、ボランティアや救助隊の人たちの姿を見てると人間の大切な部分を見せられた気がします。

鉄砲隊の担当は忍者だった


鉄砲が日本に伝わる以前に日本で火薬を扱っていたのは忍者でした。
そんな流れか各地の城で鉄砲隊を担当したのは単なる足軽ではなく忍び。
でもそんな展開の時代劇もゲームも見た事ないですよね。

日本でも愛される戦隊シリーズですが海外でも「パワーレンジャー」の名で人気があります。
「仮面ライダー」もそうですがアクションやVFXシーンを日本のフィルムを流用。
ドラマ部分は向こうの役者さんを使って改めて撮影する方式。ストーリーはオリジナルにそってるみたいです。
ユーチューブで見つけました。

*こっちがアメリカ版「POWER RANGERS SAMURAI」のオープニング。


*で、こっちがオリジナルである日本版。


オリジナルは和のムードを強調しているのに対して海外版はホント、絵に描いたようなアメリカっぽさ。そこが面白かったのでアップしてみました。
ドラマパートも見れるので興味のある人は是非。
なんか敵キャラが「FUCK YOU!」と口走りそうな勢いですよ。

アメリカ合衆国の国鳥は七面鳥になるかもしれなかった

北軍のシンボルを決める際に実は七面鳥が有力候補でした。
結局選ばれたのは白頭鷲の方。
対する南軍のシンボルはガラガラヘビで、北部の勢力に対して「迂闊に手を出すと痛い目にあうぞ」という南部側の意志表示の意味も含んでいるとか。
ヘビがシンボルマークというのは悪い方のイメージを持ってしまいますが、それほどアメリカ大陸では一般的な生き物だったのかもしれませんね。
独立記念日(インディペンデンスデイ)に乗り遅れたネタですけど。

さて「インディペンデンス・デイ」発想が似ている「世界侵略:ロサンゼルス決戦」の公開は先の伸ばしになってますが、「世界…」に似ている「スカイライン」の公開が地味にされてました。
予告編は面白そうでしたけど、評価が低いので行くのはよしておこうかと……
シリーズ完結編である「トランスフォーマー3」も公開間近で予告編を見る限り、こちらも侵略系っぽい感じになっていて「パクリか?」などと思ったり。
何かの漫画に書いてありましたが、「上から抑え込まれ、体制を壊したいという潜在意識のある日本ではゴジラが制作され、どこかの国からの侵略を潜在的に恐れているアメリカ人は「インディペンデンス・デイ」なのど侵略モノが制作される」んだとか。
言われてみればそうかもしれないなぁ……と、この分析を納得したことがあります。

なにかしらの行動には必ず理由がるということで。
そんなわけでこれから「マイティ・ソー」観に行ってきます。

原発のニュースに思うこと

あんたならできる! 大丈夫!
最近、ふと思い出したアニメ映画「サマーウォーズ」での ばあちゃん のセリフです。

さて下は読売新聞のオンラインニュース

1、2号機に送電線接続…20日から通電作業
読売新聞 3月19日(土)18時29分配信


 東日本巨大地震で被災した東京電力福島第一原子力発電所で、冷却機能が喪失した1、2号機の配電盤兼変圧器に外部からの送電線を引き込んで接続する作業が完了した。

 20日朝から2号機内部の機器を点検し、その後、緊急炉心冷却装置(ECCS)などの系統につながる大容量のポンプを動かし、原子炉や使用済み核燃料貯蔵プールなどを効果的に冷やす冷却システムが稼働するかを確認する。

 同原発では、地震によって停電したほか、ECCSなどを作動させる非常用ディーゼル発電機も津波の影響などで破損した。 .最終更新:3月19日(土)18時29分

YOMIURI ONLINEより


原子力の専門的な事は分かりませんが知ってる範囲でいえば冷却する事がメルトダウンにまで到達させない事らしいのでこの作業の結果である程度の見通しがつけれるのではと思ってます。
当初は触れられてなかった使用済み核燃料の保存プールについても(危険度優先順位の問題だったと思いますが)同じく冷却水が確保できればなんとかなる筈。

"想定外"と説明されるように、その対応マニュアルが今回の震災には不十分だったのは間違いなく、もっと早い段階で最良の方法を実行する機会を逃した可能性だって無きにしも非ずかも。

下は原子炉、放射能汚染に関して参考になるかな…と思うものの一覧です。

ヒストリーチャンネル Life After People
全人類が突然いなくなった場合、現在の人工施設、自然はどうなっていくかを専門家の説明を交えて進むドキュメンタリー番組。原子炉に関しても触れていて構造、放置した場合の状態を解説しています。最終的には何千億年後まで描きますが、参考になるのは「人類がいなくなって数カ月後」あたり。
総集編的なDVDがあるはずです。

コッペリオン
ヤングマガジンで連載中のコミック。ストーリーを大まかにいうと原発が崩壊した東京。数年後、放射能への耐性を持つように遺伝子操作されてた女子高生たちが生き残った住民たちの救出に向かうというもの(雑でスミマセン)。
ストーリー上で放射能についての簡単な説明がセリフにあります。
なによりも困難な状況においても生きる事や命の大切さが根底にあります。こういったSF設定を扱う漫画は多いですが得てして殺伐さや暗さを感じさせるものが多いかなと
ですが、この作品は背景の廃墟とは対象的に温かさを感じます。
主人公の「絶対、全員助ける!」の意志には心にくるものがありました。
ちなみに最新刊を読んだ事のブログを書こうと思った矢先にの出来事だったのでアップは差し控えてる状態…。
個人的な気持ちは、こんな時だからこそ読んでもらえたら…と思ってます。

サイエンス・ワールド 汚い爆弾
アメリカの都市に"ダーティーボム"(放射能の汚染を目的とした爆弾)がテロとして使われた場合に起きる状況と放射能についてを専門家が映像を交えて解説します。放射能の段階的危険度、種類、対処方法が説明されています。
原発のニュースをラジオで聞いた時、真っ先にこれを思い出しました。もっとよく見とけばよかったです。
DVDは、でていないみたいですが有料配信で扱ってるところがあるようです。



自分がらみの事に触れると、仕事関係でいろんな場所からの情報が入ってきます。
被災地にいる方の話を聞くと自分にも何かできる事はできないかと思います。

個人的にはまずは、節電! 
あと、「レジに募金箱があったらおつりをいれる」という自分ルールを決めました。

地震関係情報へのリンク


緊急用ダイヤル:
171 + 1 + 自宅の電話番号(市外局番からダイヤル)で伝言吹きこみ
171 + 2 + 自宅の電話番号(市外局番からダイヤル)で伝言再生

とりあえず何かの情報になればと貼っておきます。
↓下は見易いかなーと思った地震情報へのリンク
http://weathernews.jp/quake/

津波情報(全国を網羅してます)
気象庁の地震情報ページ
地震対策のページ(地震や津波が発生した場合の対処法がのってます。僕は昨日、地震が起きた時に何を優先するのか、パッと思い浮かべれませんでした)

発生時、携帯のサイトでの地震情報はエラーで見れませんでした。携帯はテレビの方が情報源になりました。ソフトバンクはこの時間でもイマイチつながり難かったです(かけてる最中に切断されたらり、通話の途中で切れたりしました)
心なしか、運転の注意力が足りない車を多く見かけてます。
なので、いつもより横から入ってくる車の動きを気にして走ってます。
(何故か自分が進む方しか確認しないで出てくるのに何度か遭遇したので)

静岡県のサイトでの地震情報は必要な情報にたどり着き難いし見にくいのでイマイチ。
自分のいる地域は被害は出ていないようですが、津波や地震の警戒で臨時休業している店を幾つか見かけます。


過去40年に見つかった病原菌の数は30種以上

風邪ひいてダウンしてました。
こうしてブログを書けるのは少しマシになったからです

さて小規模なパンデミックに苦しんでいる僕ですが、"ゾンビ"というパンデミックのパニックを描いた下記の本、本屋さんに寄る度に気になってます。
Zは多分、"Zombie"のZ

WORLD WAR ZWORLD WAR Z
(2010/04/10)
マックス・ブルックス

商品詳細を見る


レオナルド・ディカブリオとブラット・ピッドが映画化権を争ったという作品で勝ち取ったのはブラット・ピッドだそうで映画化が楽しみです。
個人的にはディカブリオの方が作品に合ってると思いますけど。

意外ですが、ゾンビを扱っているのに宣伝文句にホラーをうたっていないです。

生きた死体が発生した場合の世界情勢と対応策をリアルに描いているみたいです。
リアルなシュミレーション的な面白さがあるのかもしれません。どうしよう…大好物です。
でも文庫本かしたら買おうかと……。

ゾンビといえばディスカバリーチャンネルでゾンビネタの番組やってたみたいです。
見損ねたので残念で残念で……
再放送されたら是非観たいですね。

で、咳き込みながら↓のDVD観てました。

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。